三田裕次樣と三田文庫

本文發表於 2008 年 04 月 18 日 16:11

img_15061.JPG

来年3月31日は私の定年退休の日。朋友包括人事部門都給我善意的建議,這一年中,別請假,特別是特別休假。一年我有31天的特別休假,如果不請特別休假,那這31天的特別休假可折算成退休金的一部分。到2月底還沒有去日本的打算,但曾經答應三田裕次樣一年一會的說法就會失信。身體狀況一直不理想,心理膽怯。

去年神戶大學之行有一絲動力,要將18年努力的成果,在國際上發表;雖然身體已預約疝氣要開刀,仍勉強前往。最重要的是前往東京拜訪三田樣,2006年開刀後,曾以復健過程中最難看的字体寫信給他,害得三田樣情緒失控,通知日本朋友,不知他如何知道我的朋友們,真是神通廣大。我們兩人對生病這事有很深刻的感受,彼此感同身受。在『寫給台灣的情書–台灣不會忘記』中讀到『阮在小小的「喫煙室」交換「極機密」情報。丸紅総公司的「喫煙室」是大ガラス窓、比較容易地看「敵人」来。自虐的呼称是「金魚鉢」(養金魚的Glass Case)。』,哈哈大笑。原來去年是在金魚鉢中與三田樣密會,交換「極機密」情報。

img_1470.JPG

『寫給台灣的情書–台灣不會忘記』之最後有:

有一次妻叫我把它們收一收拿去賣

我家不可能発生這種「問題」。原因是;

1.我家有「台湾図書室」(比較大的地下室)。建設新房子的時候、設計方面最重要的是「書庫」。

2.我所有的台湾図書是「大学図書館」不収蔵的比較多。

3.台湾図書以外之書、看完了以後送給呉三連基金会「三田文庫」。

4.我推量「私人公開台湾関係日本語図書」的方面、我家「台湾図書室」是世界トップレベル(Top Level)。

5.我過世以後、家人可以選択「名誉」或「銭」。

三田樣的聲明(此文由一橋大學台灣留學生幫忙寫的,我修改):

1.三田老師現今雖病情稍癒,因其他諸多原因,台灣史私人講塾仍無法開講,且外部活動,原則上全部停止參與。

2.三田老師目前專志於書籍贈送一事。主要目的(main purpose)在於:

(1)將「吳三連台灣史料基金會」藏書更進一步充實。

(2)針對台灣各大學、研究者等寄贈日文相關書籍。

3.三田老師對研究台灣史年輕學人的辛苦深感同情,但仍深切認知一定要對「日文」及「日本現代史」基礎知識(basic knowledge)加以充實。

4.三田老師能做到的,是巡迴各舊書店,尋找「在日本出版的台灣相關書籍」,以及若干日本現代史關連書籍等,蒐集之後贈送與上述相關研究人員。

5.三田老師所收羅的書中,沒有所謂「珍貴的書籍」,內容會被強力推薦(recommend)的書籍也沒有。讓大家習慣日文表現與日文用語才是贈書的目的。

6.原則上,接受贈書之研究室不用負擔保管責任,可以將書籍分送給有需要的學生們。

7.贈附書籍將由「戶外生活圖書公司」從台灣國內直接送達,負責人為林漢賓先生。(社長陳遠建先生為三田老師的好友)條件:收到書之後,請簡單回覆e-mail給三田老師([email protected])[email protected],確認有收到書籍。 http://www.outdoorlife.com.tw/about.htm

8.三田老師已於「吳三連台灣史料基金會」蒐羅自1993年以降之各類日本出版台灣相關書物(93年之前之圖書亦多所收藏),關於其他事項(同基金會「三田文庫」之概要等等),請參考MITA_Yuji Home Page

也讀到他寫下:

「健康上の問題を抱えながらも、毎日古書店廻りをして本を収集、帰宅後整理、タタミ上睡眠…」,真是「一生懸命」(いっしょう‐けんめい),把這件事「命がけで事に当たること。」當做生命。

img_1533.JPG

「三田文庫」的原本是存在於「吳三連台灣史料基金會」,但三田樣的博愛主義或者要照顧全台灣的台灣研究,最近這幾年也努力寄付(寄贈)台灣各大學、研究者等日文相關書籍,增加「三田文庫」面的廣度及其使用者。筆者也是其中之一。

如此這般,三田樣之理想及他努力奉獻台灣的情懷就清楚展現。

現在就要看台灣人如何來看待與使用「三田文庫」,此次訪問我對台灣人的表現,有強烈的挫折感,以標榜本土的諸多單位,但待人處事的態度簡直是「非人」。連基本禮儀都沒有,舉例來說,收信人只有名字,沒有稱謂,這反應出「寫」信人的水準,她不僅對收信人失禮,也對送信的郵差失禮。在國名位置寫c,那是要嬰兒尿尿的詞,沒有cccc就尿不出來,真是病態。我會email給此單位。

img_1464.JPG

在打擾三田樣後,他把早就準備好百貨公司用的最大的購物袋,裏面裝滿各式各樣的東西,有吃的、穿的、用的禮物,有食閣有掠(台灣話)。

感謝古教授夫婦參加這次的訪問,他們幫我拍了寫真,讓網友能見識「台湾図書室」。

在我手上的『「三田文庫」』有2大類,任何人均可來拿去閱讀,有閱讀報告者會有超連結:

「匪情」研究本(依三田樣的用語是我的守備範圍,但要改成「攻擊範圍」)2008/4/18止16本

1. 日本共産党中央委員會《日本共産党の六十五年 (上下)》1988年,日本共産党中央委員會出版局426頁、519頁。

2. 塩田庄兵衛《日本勞動運動歷史》1970年, 労動旬刊299頁。

3. 小林峻一、加藤昭《闇の男 野坂參三の百年》1993年,文藝春秋株式会社254頁。(詳 閱讀《闇の男 野坂參三の百年》)

4. 古本昭三 訳《レーニン会った日本人ードキュメント「歷史の30分」》サイマル出版会270頁。

5. 天野陽三《日本共産党のすべて》1983/7/25,サンケイ出版局296頁。

6. 立花隆著 《日本共産党の研究(下)》 1978年, 講談社出版 612頁。

7. 井桁貞義編 《コンサイス露和辞典》 2003年,第5版 三省堂出版1330頁。

                給三田樣的私密信(2008/05/01勞動節寫)

8. 德田球一、志賀義雄《獄中十八年》1947年,時事通信社株式会社161頁。

9. 菊地昌典《歷史としてのスターリン時代》1970年,盛田書店402頁。

10. 高橋 正 訳《延安日記 下》1973年,サイマル出版会480頁。

11. 広井暢子《女性革命家たちの生涯》1989年,新日本出版社238頁。

12. 姬田光義等8人《中国20世紀史》1993年,東京大學出版会317頁。

13. 楫西光速《續日本資本主義發達史》1993年,有斐閣 402頁。

14. 水谷長三郎《ゴータ綱領批判》1946年,圭文社版140頁。

15. 豬木正道《ロシア革命史》1949年,白日書院297頁。

16. リーニン青野季吉 訳《帝國主義論》1946年,社会書房178頁。

以下非「匪情」研究本(暫時解除守備範圍)2008/4/18止7本

17. 《べネッセ全訳 古語辭典》1997年, べネッセコーポレージョン株式会社 1375頁。

18. 全國歷史教育研究協議会《日本史用語集》1988年, 山川版社369頁。

19. 志村嘉門《民の光芒 電力鬥魂の譜》1993年,日本電気協会363頁。

20. 大谷健《激動の昭和電力私史》1991年,電力新報社 213頁。

21. 台灣電氣興業株式會社《第一回營業報告書》

22. 高橋裕著 《現代日本土木史》 2002年第10刷 彰國社出版 238頁。

23. 滿田 孝《電力人物誌》(內有增田次郎)2002年,都市出版 238頁。

img_1524.JPG

「吳三連台灣史料基金會」之「三田文庫」の以下「匪情」研究本

0219 世界運動史文獻集(中國編) 公安協會 公安協會 1957

0220 世界運動史文獻集(國際編) 公安協會 公安協會 1957

0221 世界運動史文獻集(日本編) 公安協會 公安協會 1957

img_1540.JPG

26 回應 針對 “三田裕次樣と三田文庫”

  1. 林炳炎 寫道:

    小林峻一、加藤昭《闇の男 野坂參三の百年》1993年,文藝春秋株式会社254頁。(詳 閱讀《闇の男 野坂參三の百年》)

    閱讀《闇の男 野坂參三の百年》是我使用「三田文庫」的讀書報告, 希望能作為一種範例, 也作為回饋三田樣的一絲絲想法.

    歡迎大家批評指教!!!

  2. 林炳炎 寫道:

    讀德田球一、志賀義雄《獄中十八年》 已經上網, 請多多指教.

  3. 訪客 寫道:

    看看三田先生對這六張照片的說明——

            4枚が一階(食堂&居間)。
            ソファの横のホットカーペットを敷いた畳の上で仮寝をしながらやっています。
            ミカン箱は予備の便所の中にも常時数箱。
            カレンダーの左に地下への秘密の階段、階段にも本が積み上げてあります
            (読んだ後で基金会「三田文庫」に送るもの)、それとは別に常時「ダブリ本」を準備。

        
            二枚が地下です。
            実際はもっと大変な情況。
            実は地下に二室あり、もう一室は納戸兼書庫(中国語書籍はそちら)。
      
      
      

  4. 林炳炎 寫道:

    第3,5兩張是地下書庫, 也就是「台湾図書室」, 書非常多.其餘4張是一階(食堂&起居間)。

    ダブり本是double本的意思嗎, 查字典及網路都不是很清楚??

    カレンダーの左に地下への秘密の階段、 我只看到漂亮美眉, 看不到秘密の階段!!!

  5. 葉雪淳 寫道:

      
      

         ダブリ本,是ダブッタ本、有重複的、二冊以上的書。
       
         其次——
            地下への秘密の階段、
            應該是美眉在看的方向。
            門上面還掛了一樣東西(不是吹風機吧)。
      
         我想,漂亮美眉,在看秘密通道,可疑也。
       
       
       

  6. 林炳炎 寫道:

    頭部開刀後思考不周全, 常常忘東忘西。遺忘山川菊榮、向坂逸郎編《山川均自傳(1880~1958)》岩波書店1961,488頁。《ソビエト史研究入門》真不應該。

  7. Albert F. Chang 寫道:

    台湾のために立派なお仕事をしてくださった、また今もご病気を抱えながらも
    続けてくださっていらっしゃる三田先生に改めて感謝の意を表したいと思います。
    本当にありがとうございます。

  8. 林炳炎 寫道:

    井桁貞義編 《コンサイス露和辞典》 2003年,第5版 三省堂出版1330頁。

    給三田樣的私密信(2008/05/01勞動節寫)

  9. 三田裕次 寫道:

    >《コンサイス露和辞典》

    漫画露西亜語(古早古早在公司学習的)

    *どんぶり(丼)ウオーター(water)
    *ズロース(女性内衣)いっちょう(一丁)

    これで十分通じるとか・・・。

  10. まろやか 寫道:

    三田さんは命がけで一生懸命!
    でも相手は往々腰巻でズロースをはかないので
    通じない時がある、困ったもんで良策はないでしょうか?

  11. 三田裕次 寫道:

    会社にはハルビン学院の出身者二名?おられました(中途入社)。この人達は紳士で真面目、歌手の加藤登紀子さんのお父さんの同学。此の種の「バカデミック」なロシア語は戦後派のオニイチャンに教えてもらいました。

    以前ある台湾人から聞いた話、彼は子供の頃、ソ連(ロシア)には「運ちゃん」が多いと信じていた由。男の名前が「○○スキー(司機)」。

  12. 三田裕次 寫道:

    余談ですが、地下室にバラライカ(△三味線)とサモワール(電気湯沸かし器)があります。そのオニイチャンのソ連土産。

    バラライカはともかくも、サモワールは220ボルト用で日本では使用不能。当時の外貨ショップ「白樺屋(ベリョースカ?)」は、日本人用に日本仕様の商品を準備するなどのサービス精神皆無だった由(自分でソケットを付け替えろ)。

  13. 葉雪淳 寫道:

       
       
              よう、まろやか翁!
              こちらもお覗きだとは、脱帽!
       
       
              ところで――
              腰巻なされていっちょう(一丁)は出来ないものか? 笑
       
              最近は、街角でジーパンの上にスカート姿。
              これ、近代感あって、悪くないがね・・・
       
       
       

  14. 林炳炎 寫道:

    まろやか さま、大変ありがとうございました。

    まろやか さま、三田裕次さま、葉雪淳さま同時在本blog出現, 是本blog的榮幸. 但是我們這些後輩的日語只是簡單簡單的可以猜猜!!像這樣高來高去的, 沒有說明還是有看沒有懂啦!!!

  15. 林炳炎 寫道:

    讀和田春樹著《歴史としの社会主義》

    關在闈場內10天(2008/6/06~2008/6/15),沒有什麼可以做的事,不能看電視、網路、寫電腦文字,唯一能做的事是「閱讀」,剛好三田裕次樣寄來3本日文書,就隨手把其中2本放進行李箱內。很快就交出考卷,剩下漫長的等待放出闈場,只有耐心的閱讀。

    1938年在大阪府出生的和田春樹,1960年東京大學文學部卒業,專攻露西亞、ソ連史、現代朝鮮研究。1992年3月在ソ連垮台,聯邦分裂成幾個獨立的國家後,前往觀察共產帝國崩解後的露西亞。岩波書店在1992年8月出版第一刷,我收到的是9月第二刷,共221頁,10章。

    三田樣知道像我這樣沒有社会主義思想訓練的人,想玩台灣共產黨,這中間的gap有多大,想跨越這鴻溝是很困難的。因此,替我開出要讀的書單,讓我從中補修以前未修的學分。

    從來沒想到學院內的名學者會把此書寫得如此有吸引力,對於未曾正式學日文的人,讀起來很愉快,沒帶字典也不能使用網路的情況下,竟然可以把它讀完。

    此書156頁第2節提到「China第一次5年計畫從1953年開始」,而朝鮮戰爭也在這年達成停戰協定。我想補充的是,台灣也在白區老大米國的扶持下,成群的米國顧問飛抵台灣指導、規劃與監督下,進行第一期4年經濟計畫。由於逃亡來台之腐敗官僚們,缺乏現代化訓練,製造很多笑話,批評「藍圖制」太「硬板」,沒有「彈性」,讓他們難以上下其手,抗拒現代化。光「第一期4年經濟計畫」就有很多版本,台電是「5年」,報紙有「3年」,最後為了避免被嘲笑copy共匪,改成「4年」,理由是白區大頭目4年改選一次。定稿版是陳誠1952年11月30日寫給共同安全分署署長施幹克博士的信,開頭是「我有榮幸在總統的指示下將這傳送給您,附件是由ROC政府所擬的為達成經濟獨立的四年計畫,懇請您將此計畫送請貴國政府考慮。」

    請讀者注意,如果連中一中、南一中的小科學館(一樓鋼筋混凝土)都是美國懷特公司的業務,不知還有什麼不是?不知大有為的政府在幹什麼?

    在對抗紅色帝國主義者的侵略下,國家的目標是追求經濟建設,封殺了所有對國家的批判及勞工運動。台灣執行蘇聯式的白色恐怖。以八大情治系統、密佈的「爪耙仔」監控人民。

    過去100年是「社会主義」運動最生氣蓬勃的時期,共產黨在露西亞奪得政權,激勵世界各國的共產主義運動,使共產帝國主義誕生。幾年前在台北劍潭青年活動中心,我抨擊「支那共產帝國主義以飛彈威脅弱小民族-台灣」,發言僅一分多鐘,結果包括劉進慶等3上台回應說「支那共產不是帝國主義者」。這些讀文的人頭腦不清楚,大小是相對的,「以飛彈威脅弱小」,這件事本身就是帝國主義者行為。

    此書回顧從1516年《Utopia》這本書出版後,經過約500年人類在追求理想鄉(utopia)的過程,特別是標榜「社会主義」(人道的)理想。

    但最後一章「新しいユートピアはあろか」,帝國蘇聯的解体同時是帝國美國的終了。世界戰爭時代終了、國家社會主義体制終了、共產主義運動終了。社會主義運動則須繼續。什麼是「新しいユートピア」?蘇聯的歷史學家ミハイル‧ゲフテル提出「Eurasia之家」,和田認為是「Eurasia之新家」,代表「Eurasia共同体」,Eurasia內有斯拉夫與タタール兩大族群,斯拉夫=基督教,タタール【Tatar】(居住在土耳其諸種族総称)=伊斯蘭教,意味基督教與伊斯蘭教共生的狀態。

  16. 林炳炎 寫道:

    讀尾崎秀樹著《ゾルゲ事件―尾崎秀実の理想と挫折》
    關在闈場內10天,從以前的經驗,要渡過漫長的闈場生活,唯一辦法是讀書。

    河原功在『臺灣文學研究之樂與苦‧及今日之時代意義』如此談尾崎秀樹:
    尾崎秀樹以論文〈台湾文学についての覚え書〉(〈臺灣文學備忘錄〉《日本文學》、1961年10月)、〈決戦下の台湾文学〉(〈決戰下的臺灣文學〉《文學》、1961年12月、1962年4月)為代表之研究,為從日本人立場出發之臺灣文學研究的先驅,份量充足敘述詳盡。不久後尾崎秀樹出版了《近代文学の傷痕》(《近代文學的傷痕》普通社、後改為勁草書房發行、1963年2月),後亦收錄對滿洲與朝鮮之研究而完成大作《旧植民地文学の研究》(《舊殖民地文學之研究》勁草書房、1971年6月);「臺灣文學」從此進入文學與歷史研究者的視野中。

    在我的印象中,尾崎秀樹就等於台灣文學史「殖民地傷痕文學」。那一次他在台灣大學法學院的研討會中,他身穿日式禮服腳穿日式木屐與會,讓我印象深刻。尾崎秀樹1999年9月21日70歳死亡,1928年他出生於台北,台北帝國大學醫學專門部中退。由他來寫哥哥秀実身陷「ゾルゲ事件」, ゾルゲ=Sorge德意志人,1895年生,1934年成為日本特派員(記者)。

    尾崎秀樹這本書出版於1983/12,作者說:「讀者們可以期待會像間諜物語般來看待此書,書的結構滿足此要求,內有用燈光點滅(傳送密碼)、移動無線發報機、偽造passport、密藏mini相機…但事件的真相,目前還深藏著,無法解開。」加藤哲郎《モスクワで粛清された日本人—30年代共產黨と国崎定洞・山本懸蔵の悲劇》プロローグ リヒアルト・ゾルゲとアイノ・クーシネン就在談「ゾルゲ事件」,相信日本人還要花很大功夫才能解開「事件的真相」。

    尾崎家在台灣的生活經驗,造就了尾崎兄弟對殖民地台灣的關心以及做為文學家的人道主義關懷。在第一章「ある魂の形成──尾崎秀実」,描述尾崎家在台灣的生活,主要以古亭南菜園(兒玉總督別庄,今文學公園)為活動基地所蘊含人脈、生活空間。秀実在台灣生活18年,一直到他回日本就讀第一高等學校入學,少年期在殖民地台灣的經驗對他的精神形成史有重要的影響。

    書名中「尾崎秀実の理想」,其實告訴我們,20世紀初期幾乎是所有青年們所追求的追求理想鄉ユートピア(utopia)的過程,特別是標榜「社会主義」(人道的)理想。尾崎秀実兄弟一點也沒有例外,但,尾崎秀樹在205頁留下「私は元來単純なコンミュニストではありません」(コンミュニスト是共產主義者或共產黨員),讓人感慨良深。

    尾崎秀実
    昭和期の社会主義者・ジャーナリスト・スパイ
    筆名は白川次郎・草野源吉。台北で小・中学時代を送り、父の影響で中国の歴史・文化に親しむ。東大卒業後、1925(T14)朝日新聞に入社。特派員として中国上海に滞在中、左翼文芸派の〈創造社〉に出入りし、東亜同文書院学生らの史的唯物論研究に参加。 29(S4)スメドレー女史を通じて、リヒアルト=ゾルゲ(17-1-21-16)のコミンテルン諜報機関に参加。 32帰国後は東亜共同体論でアジア民族の解放を唱えるなどの文筆活動を行なう。ゾルゲと再会。37昭和研究会に入り、翌年朝日新聞社を退社。中国問題に詳しいことから、第一次近衛内閣で満州鉄道調査部の嘱託となり、ゾルゲの諜報活動にも協力。 41国際スパイとして検挙。治安維持法・国防保安法・軍機保護法などの違反を理由に44ゾルゲとともに処刑。敗戦後ゾルゲらは母国で名誉回復をされたが、日本ではまだ名誉回復はされていない。秀実と妻子との獄中通信「愛情はふる星のごとく」は戦後のベストセラーとなった。
    <コンサイス日本人名事典>
    <学習人名事典>
    *ゾルゲの墓所内の墓誌にも尾崎秀実の名が刻まれている。
    *裏面に西園寺公一謹書と歿年月日とともに刻む。
    *秀実の実の弟であり、大衆文芸評論家として「ゾルゲ事件」のの真相究明などで活躍されていた尾崎秀樹氏が ‘に胃がんのため70で亡くなりました。生前、秀樹氏は没後は秀実氏の墓所に入りたいと懇願していたが、詳細は不明である。

  17. 林炳炎 寫道:

    牽手打電話通知我
    1.『上海に燃ゆ 夏衍自伝 1927-1937』阿部幸夫/訳 東方書店
    2. 『ゾルゲ事件―尾崎秀実の理想と挫折 』(中公文庫): 尾崎 秀樹
    3. 『歴史としての社会主義』和田春樹 岩波書店

    3本書已經在20080605晨收到!!!!

    戶外生活雜誌社陳遠建社長,林漢賓先生感謝您們!!

    上面的list少掉2本
    山川菊榮、向坂逸郎編《山川均自傳(1880~1958)》岩波書店1961,488頁。
    《ソビエト史研究入門》
    最近太忙碌, 總算把入闈前的作業補足 (如有不足請說 頭殼壞去)

  18. 葉雪淳 寫道:

      
      
         > *秀実の実の弟であり、大衆文芸評論家として「ゾルゲ事件」のの真相究明などで活躍されていた
            尾崎秀樹氏が ‘に胃がんのため70で亡くなりました。・・・
       
       
         這段改為如下,也許較好——
           *秀実の異母の弟であり、大衆文芸評論家として「ゾルゲ事件」の真相究明などで活躍なされていた
            尾崎秀樹氏が ‘99に胃がんのため71で亡くなりました。・・・
       
      
         參考——
            尾崎 秀樹(おざき ほつき)1928年11月29日 – 1999年9月21日

           
    版主聲明: 由於版主非尾崎2兄弟的研究者, 上述資料完全由網路上copy自<コンサイス日本人名事典> <学習人名事典>   
      
      

  19. 林炳炎 寫道:

    昨天收到三田樣寄來《共產黨宣言》1本,這是岩波文庫版,1951年第1刷,1998年7月15日第75刷。

    1998年《共產黨宣言》出版150週年,舉世都在慶祝。但是:「1989年4月天安門前學生要求民主化運動,手無寸鐵之士阻擋戰車隊前進的電視畫面,震撼全世界。接著波蘭、匈牙利等東歐民主化、自由化革命進行。1989年11月9日柏林圍牆倒塌,1990年東西德統一,1991年蘇聯解体,象徵共產帝國的鐵幕崩潰。」這是對《共產黨宣言》出版150週年的極大諷刺。

    2007年5月28~30日李有成在自由時報副刊有篇文章『看馬克思去』有:
    紐約大學雷馬克研究所(Remarque Institute)的所長朱特(Tony Judt)曾經在2006年9月21日的《紐約書評》(The New York Review of Books)發表長篇書評,追憶與瞻望馬克思主義的前世今生。朱特指出,馬克思與其19世紀同代人所謂的「社會問題」(Social Question)——貧富不均與種種社會不公等——今天顯然又來勢洶洶,而且已經「擺在準備反撲的國際議程上」。那些全球化的受益者所謂的自由市場與經濟成長,在其他人看來,充其量只是為了方便一小撮企業主與資本家重新分配全球財富而已。隨著全球資本主義的日益擴張與深化,這個世界將會出現愈來愈多范農(Frantz Fanon)所說的大地哀鴻(the wretched of the earth)——那些被剝削、被壓制、被踐踏的人。而對這些現象的分析與批判,正是馬克思主義的拿手好戲。資本主義與馬克思主義從來就是如影隨形,相因相剋,只要有資本主義,就會有馬克思主義——過去如此,未來也是如此。

    『對失業工人該怎麼辦?』

  20. 林炳炎 寫道:

    母 三田小夜子は2008年8月6日帰天 享年84才
    葬儀は自宅に於いて家族葬(キリスト教式)で行う予定。

    732-0048
    広島市東区山根町23-14
    T/F:082-261-5609
       三田裕次
    在三田樣網頁揭示板看到這不幸的消息, 懇請網友上揭示板致意,
    請節哀並保重身體
    林炳炎一家敬輓

    三田樣:
    昨天收到3本書,分別是:
    匪情研究2本。
    1. 藤井一行《レーニン「遺書」物語 背信者はトロツキイか スターリンか》教育史料出版会株式會社。251頁。1990/10。
    2. Mark Selden(小林弘二、加々美光行訳)《延安革命》竺摩書房,288頁,1976。
    技術書籍1本。
    3. 天野礼子《ダムと日本》岩波新書,231頁。2001/02。

    藤井一行《レーニン「遺書」物語 背信者はトロツキイか スターリンか》是很有趣的一本書。目前工作非常忙碌,待有機會喘氣時再讀。

    戶外生活網站– 全國公認最權威的專業旅遊地圖出版機構
    請大家愛讀戶外生活出版品!!!

  21. 林炳炎 寫道:

    台湾の抗日反乱「霧社事件」直後のニュース映像発見

     台湾中部の山中、霧社という地区で1930年に起きた大規模な抗日の反乱「霧社(むしゃ)事件」直後に、現地の様子を朝日新聞社が撮影したニュース映像がこのほど見つかった。国内の研究者が保管していたもので、本社が寄贈を受けた。一般にも貸し出す予定だ。

     「霧社蕃害(ばんがい)事件」(5分22秒、30年に大阪本社が制作)と題された映像は、詳しい経緯ははっきりしないが、90年代前半、台湾の戦前史研究に熱心な三田裕次さん(60)=東京都小平市=の手元に渡った。台湾の博物館から映像がないか問い合わせを受けた朝日新聞社が探していたところ、三田さんの手元にあることがわかり、このほど寄贈を受けた。

     映像は「台湾総督府撮影許可」の字幕で始まり、地元民らの子弟が通う「霧社公学校」の校内などが映し出される。日本軍と地元民が対峙(たいじ)する様子もある。「警手」という警察官に採用された地元民ダッキス・ナウイ(日本名、花岡二郎)さんの妻オビン・タダオ(日本名、初子)さんの映像もある。オビンさんはその後も96年まで生き、反乱の様子を証言してきた女性として知られる。

     日本統治下の台湾を動画で記録したものは珍しい。日本台湾学会理事長の春山明哲さん(63)は「(10月27日が事件だが)11月7日ごろの撮影だろうか。事件初期の軍による射撃の実写もあり、当局の宣伝意図を含め、映像として貴重だ」と話す。

     この映像が各地の映画館で流れたというニュースが、当時の日刊紙「萬朝報(よろずちょうほう)」にも掲載されている。春山さんは「軍の宣伝に協力して撮影したという面は否定できない。メディアと戦争の視点からも今後、映像を詳しく分析したい」という。

     問い合わせは、本社が映像の管理を委託しているテレビ朝日映像(03・3587・8165)へ。(桂禎次郎)

         ◇

     〈霧社事件〉 1930年10月27日、霧社のタイヤル族数百人が、日本の地元民管理への不満から地元小学校の運動場を襲撃した。この日は日本人が地元の人といっしょに運動会をしていたが、日本人130人以上が殺害された。これをきっかけに地元民が蜂起したが、軍と警察約3千人が1カ月余りで鎮圧した。

  22. 林炳炎代貼 寫道:

    私の台湾研究と母のことなど

    1.母が入院中、一日二回短時間病院に行っていました。集中治療室で面会時間が限られていることと、緊急事態発生時、即座に対応できるようにする為です。病院スタッフの心温まる対応で心がなごみました。ただ、時々「嗚咽」、それは全て台湾に起因することです。

    2.実は母は1990年代は時々私に(金額は僅かですが)「台湾関係活動用おこづかい」をくれていました。我説「不要」、それでも「まぁそういわずに取っておきなさい」・・・・結局受け取って「社会貢献用郵便貯金」に入れて、必要な時に使っていました。参考までに母はある面では質素な生活をして、この種のお金を捻出していました。

    3.私は病気恢復してからは(2003年以後)、対外的関係を殆ど絶って、台湾に本を送る事などに専念しました。同時に、台湾関係古文書類などの購入も(入手次第コピーをとって中央研究院台湾史研究所等に送付)。

    4.金銭の事は余り言いたくありませんが、三年に亘る病気休職で給与も激減、その間、二人の子供を大学院へ、家計が維持できなくなり、母が私に「預けていた」郵便貯金にまで無断で手をつけました。また、郵便費用もかなりかさみ、家内が子供の為に収集していた記念切手まで「無断流用」しました。

    5.呉三連台湾史料基金会が「利用者が少ない」とのことで、私が出来るあらゆる手立てを講じて、利用者を少しでも増やすよう努力しましたが、悉く失敗致しました。

    参考までに、これはその一例です。台湾各地の大学や研究者に以下の如きコメントをつけて書籍を送りました(約二年間で累計1500冊?)。

    QOT(台湾留学生代筆)
    1. 三田老師現今雖病情稍癒,但因其他諸多原因,台灣史私人講塾仍無法開講,且外部活動,原則上全部停止參與。
    2. 三田老師目前專志於書籍贈送一事。主要目的(main purpose)在於:
    (1)將「吳三連台灣史料基金會」藏書更進一步充實
    (2)針對台灣各大學、研究者等寄贈日文言相關書籍
    3. 三田老師對研究台灣史年輕學人的辛苦深感同情,但仍深切認知一定要對「日文」及「日本現代史」基礎知識(basic knowledge)加以充實。
    4. 三田老師能做到的,是巡迴各舊書店,尋找「在日本出版的台灣相關書籍」,以及若干日本現代史關連書籍等,蒐集之後贈送與上述相關研究人員。
    5. 三田老師所收羅的書中,沒有所謂「珍貴的書籍」,針對內容極力推薦(recommend)的書籍也沒有。讓大家習慣日文表現與日文用語才是贈書的目的。
    6. 原則上,接受贈書之研究室不用負擔保管責任,可以將書籍分送給有需要的學生們。
    7. 贈附書籍將由「戶外生活圖書公司」從台灣國內直接送達,負責人為林漢賓先生。(社長陳遠建先生為三田老師的好友)
    8. 條件:收到書之後,請簡單回覆e-mail給三田老師([email protected])與「戶外生活圖書公司」,確認有收到書籍。
    9. 三田老師已於「吳三連台灣史料基金會」蒐羅自1993年以降之各類日本出版台灣相關書物(93年之前之圖書亦多所收藏),關於其他事項(同基金會「三田文庫」之概要等等),請參考三田裕次本頁:
    UNQOT

    結果は・・・・実に惨めでした。
    母からの「おこづかい」は、肉親と言うよりも、一老婦人からのものであり、その結果がこんな事になって、申し訳なくて「嗚咽」した次第です。

    6.「三田文庫」過房後も、政治大学台湾史研究所は当初合意(いずれも非常に簡単なこと)を一切守らないどころか、私に過度の負担をかける。私は所謂「お日柄」等は重視しませんから、母の納骨は私の各種手仕舞い(結束工作)の目途がついてからと考えておりました。他の事項については概ね決着若しくは将来の見通しが立ったのですが、台湾関連だけは「五里霧中」、遺骨は自宅に「放置」したまま現在に至っています(三月下旬には納骨予定ですが)。このような私的なことまで・・・に伝えても事が進まず・・・・・遺憾ながら、私の活動の最終決算は「侮蔑&怨念」です。それでも「三田文庫」の追加送付は続けております。自己流解釈の「自主行動規範としての宗教(基督教)」に基づいて、「できるうちに、できることを、できるだけやらなければいけない」。

    三田裕次

    版主註:三田老師這篇文章讓我非常感動, 所以貼出來讓大家閱讀!!

  23. 三田裕次 寫道:

    三田裕次樣又寄贈大量台湾関連&日本現代史関連書籍
    給在台南的台湾歴史博物館
    請大家前往使用!!!
    版主

    2011/10/30 三田 裕次

    ++参考++
    新設の台湾歴史博物館にも大量の書籍(台湾関連&日本現代史関連)を寄贈しました。

    送付作業はかなりの「重労働」でしたが、少しでも役に立ててくれれば・・・・。

    なお、家庭の事情により、招請はお断りしました。

    三田裕次
    —– Original Message —–
    Subject: 邀請參加開館典禮

    三田先生:
    您好,近來是否安好?
    本館預定於10月29日(星期六)開館,
    三田先生對本館非常幫忙,
    因此寄出邀請卡邀請先生到館共襄盛舉,
    不知道先生是否有收到邀請卡?
    是否會出席10月28日感恩之夜,
    以及10月29日當天的開幕活動?

    祝 順利

    國立臺灣歷史博物館
    林佳蓉

  24. 三田裕次 寫道:

    各位

    ++参考&報告++
    1970年から収集して来た台湾関連蔵書の大半は広島大学図書館に寄贈しましたが、大学図書館から整理完了の連絡がありました。

    寄贈図書は分類配架されていますが(これは私の当初からの要望でもあった)、電脳では広島大学図書館HPの最上欄の「OPAC簡易検索」に「三田図書」と入力、検索すると寄贈図書全部が見れるようになっています。
    ◎広島大学図書館HP
    http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/
    なお、同時に寄贈した雑誌類や論文「抜き刷り」等はこの中には含まれていません。また、僅かながら「台湾以外」もあります(医学史関連、教育史関連等)。

    <補足>
    広島大学図書館が既に所蔵していた台湾関連書籍は、「国立台湾歴史博物館」(台南)等に寄贈。また、台湾各地の大学や図書館などにかなり大量の書籍(台湾関連、日本昭和史関連、日本語学習用関連など)を寄贈して来ましたが、本件に関しては省略。

    三田裕次

    【版主註】三田裕次さま給我email, 就直接貼出來讓大家知道去使用這豐富的資料庫。從1970年開始,已經42年,這樣的偉業讓人敬佩,我倒是非常想知道,他們家族與台灣的因緣,愛台灣這麼深。

  25. 三田裕次 寫道:

    <余談>
    価値も分からぬまま、(台湾以外で)こんな古書も持っていました。
    広島の古書店で購入。

    江戸時代の漢文教育には重要な書物だったようですね。
    『蒙求』
    http://opac.lib.hiroshima-u.ac.jp/scripts/mgwms32.dll

    P.S.
    これでリンク可能ですかね。
    http://opac.lib.hiroshima-u.ac.jp/scripts/mgwms32.dll#sec300

    これはリンク可能かな。
    http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BB08610786

  26. 轉貼劉夏如的文章 寫道:

    三田裕次先生(11月22日) 走了
    又收到一個訃聞,感慨無量。
    想起留學期間每月的讀書交流會,三田太太美味的手作料理與三田本人豪邁的把酒談笑…
    也憶及90年代中葉的某個夏天,陪同炎憲老師到丸紅商社拜訪三田先生。會客餐廳潔淨的落地窗,燦爛陽光傾倒入室,
    「我太常去台灣了,台灣人來日本都不敢找我,只有張炎憲先生會…」(豪邁但些許無奈的大笑)
    老師溫暖的笑語交談和三田先生略帶自嘲的神態,青春時代曾交錯的身影,從我記憶深處探出頭來跟今天台北的濕寒問候,無言中滑下兩頰熱淚。
    =======================
    【台湾史関係】 
    三田裕次さんが11月22日にお亡くなりになりました。
    9月から胆管がんで入院されていたとのこと。
    連絡先等は分かり次第、また、お知らせします。

留下回應

留言內含太多URL、廣告常見字,可能被系統視為廣告而扣住不顯示,請待版主解除。或寫私信給板主

本Blog其他隨機文章(五篇)

  • 2010台灣國凱道升旗典禮
  • 四月春花在阮兜鬥鬧熱
  • 後藤新平論の現在と今後の研究課題—台灣史研究の視点から
  • 2008台灣電力歷史建築參訪──日月潭之現場印象
  • 懷念馬漢茂博士(Dr. Helmut Martin)