松本虎太社長1937年壽像被找到了

本文發表於 2017 年 08 月 02 日 13:59

今天川上さんのあたらし情報 Masaaki Kawakami

宇部の松本虎太の長男の息子(自分の従兄弟)の家に胸像がありました。実物ではなく小さめのレプリカでした。虎太が日本へ戻ってから台湾から送られてきたそうです。どなたから送られてきたか不明です。

レプリカ=複製品

1937年 基隆松本紀念館。從寫真看,是松本虎太夫婦與松本壽像在旭ケ丘松本記念館所攝寫真。

何時送回日本不明

1943年以後, 因為銅像出征,所以不可能出現及送回日本
因此最有可能是1937年 ,基隆松本紀念館銅牌揭幕式之後,壽像作者會先問, 要不要レプリカ=複製品???

或者レプリカ就是習慣。

推斷是1937年就送回日本。

台灣電力社長銅像目前有3人, 在1945年以前雕塑者都存在!!!都存在日本才被保存。

高木友枝社長銅像,松木幹一郎社長銅像,以及松本虎太社長銅像。

留下回應

留言內含太多URL、廣告常見字,可能被系統視為廣告而扣住不顯示,請待版主解除。或寫私信給板主

本Blog其他隨機文章(五篇)

  • 時計果與時計草
  • 土壠灣發電所
  • 台灣土生土長的黑手— 高金煌裝機技師
  • 國立成功大學台北市校友會22周年大會
  • 台湾電力の神社(4)――武界の鹿島神社