2009.11.06綠色和平電台李南衡綠色論壇介紹杜祖健博士

本文發表於 2009 年 11 月 06 日 22:39

承蒙綠色和平台灣文化廣播電台,星期五綠色論壇(每週五下午18:00-19:00,大台北地區FM 97.3),節目主持人李南衡先生邀請,2009.11.06介紹杜祖健博士。

杜祖健博士紹介:http://pylin.kaishao.idv.tw/?p=1996

節目主持人李南衡先生紹介:http://www.5877.com.tw/left/left-372.htm

此外特別感謝 Taiwan Radio 網站,多年來義務側錄台灣本土廣播節目錄音,使得海內外台灣人能突破時間與空間限制,聽得到鄉音與台灣本土消息。由於 Taiwan Radio 網站側錄本次節目,使各位讀者可以在本Blog收聽這次訪問的數位錄音。

以下是節目錄音:

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

若看不到播放器
備用聯結1:http://photo.kaishao.idv.tw/2009/11/06/Green_forum_of_Lee_2009_11_6.mp3
備用聯結2:http://blip.tv/file/2815826
備用聯結3:http://blip.tv/file/get/Twnations-GreenForumOfLee2009116894.mp3

3 回應 針對 “2009.11.06綠色和平電台李南衡綠色論壇介紹杜祖健博士”

  1. 訪客 寫道:

    日本政府、杜聡明氏の三男に旭日中綬章を叙勲

    ——————————————————————————–

    台湾で初めての医学博士・杜聡明氏の三男である、台湾出身のアメリカ人毒物学と生物化学兵器の権威、アンソニー・トー杜祖健博士が日本政府から旭日中綬章を授与されることが分かった。

    日本政府は3日に今年の秋季外国人叙勲名簿を発表した。今年、秋季外国人叙勲名簿に選ばれた外国人が61人。アンソニー・トー杜祖健博士が選ばれた理由は日本の警察がオウム真理教による東京地下鉄のサリン事件を調査していた際、日本の警察に毒ガスに関する資料を提供し、日本の国家危機管理に大きく貢献したためだと言う。

    1994年と1995年、日本のオウム真理教は長野県松本市と東京の地下鉄で大規模なサリン事件を起こし、アンソニー・トー杜祖健・博士は日本の警察に協力して土壌の中から毒素を検出し、神経ガス・サリンによる攻撃の深刻さを正確に判断したほか、日本政府にも必要な対策を提案した。それで、アンソニー・トー杜祖健・博士は日本法医学界が名誉会員証を発給した初めての外国人となった。日本科学警察研究所も彼を表彰した。

    アンソニー・トー杜祖健・博士は1930年に台北で生まれ、現在の台北市の男子名門校・建国中学の前身である台北一中を卒業、国立台湾大学に進学し、卒業後、アメリカに留学、台湾で戒厳令が敷かれた時代、かつてブラックリストに入れられ、台湾への入国が禁止された。戒厳令が解除されたあとの1994年にようやく台湾に戻ることが出来た。今回、日本政府から旭日中綬章を授与されることは杜・博士個人の栄誉であるほか、台湾の栄誉でもある。

    なお、長年、台湾で日本語教育を推進し、台湾の日本語教育の元祖と呼ばれる、蔡茂豊・博士もかつて旭日中綬章を受章したことがある。

  2. 北投埔 寫道:

    tu1954.JPG

    在玉山周報有3張寫真, 這是為參加綠色和平台灣文化廣播電台星期五綠色論壇, 特地

    tuhu.JPG

    跑好幾家書店, 最後在台灣兮店買到, 不充分使用資料, 對不起時間與金錢.

    tusunday.JPG

  3. 林炳炎 寫道:

    昨天經過台電大樓, 遇到認識的交通大學管理科學研究所畢業的學弟, 他告訴我, 他聽了2009.11.06綠色和平電台李南衡綠色論壇介紹杜祖健博士這節目!!

留下回應

留言內含太多URL、廣告常見字,可能被系統視為廣告而扣住不顯示,請待版主解除。或寫私信給板主

本Blog其他隨機文章(五篇)

  • 水裡坑發電所的社宅街
  • 在濁水溪上架西螺橋是一種社會運動
  • 永不屈服的戰士—台灣革命家史明前輩
  • 美國陸軍戰場手冊 Field Manual
  • 鄭梓新書《[光復元年] 戰後台灣的歷史傳播圖像》