典範轉移:師範學院四六事件60年

本文發表於 2011 年 06 月 01 日 09:57

831_1.jpg

這小冊的印刷,在以前是絕對不可能,也會砍頭的。因緣際會看到這小冊,當然要在blog上宣揚。最近,來師大的朋友,會感覺師大正在Change!!像圍牆開洞、資本主義進駐校園、校門門口那尊聽說要移走,放出這消息,學校當然倍受壓力。今年,這日子,聽說校門門口那尊照例被侮辱一番,學校是受不了這藝術創作的侮辱。

933_1.jpg

版主的朋友有不少四六事件的受害者,因此整理這段史實,替白色恐怖發聲。師大管理學院尚有以色列專利刺鐵絲網,一個學校,如果仍然需要用刺鐵絲網來圈住學生,表現的是威權統治的遺緒,這樣的學生只會霸凌,沒有創意。

四六事件前夕

戰後,China在勝利衝昏頭之下,蔣介石集團官僚延續戰中大發戰爭財之情境,肆無忌憚的貪污,美國的援助一下碼頭就直接放進私人倉庫,導致百業蕭條。而台灣在戰後劫收下,爆發228事變,導致民不蓼生。透過「台灣升學內地大學公費生演講團」的交流,台灣學生對於China政治局勢有了更加一層的認識,學生運動也因此互相唱和。尤其是1948 年以後,China共產黨所屬的人民解放軍已經採行全國大規模的戰略進攻,國民黨在內戰戰場上節節敗退,軍事、政治、經濟面臨全面危機,因此加緊對台灣經濟上的搜刮、剝削,政治上,國民黨也處於分崩離析的狀態。

在這樣動盪不安的時代之下,China國民黨統治區形成以學生運動為中心、愛國民主運動所掀起的「反內戰、反飢餓、反迫害」的遊行,也給了台灣學生直接的啟發和影響。在這樣歷史背景之下,1948 年師院也發起一場要求提高公費生待遇的「反飢餓」遊行。

一位當年台大學生自治會的核心幹部在描述當時校園情形時,這樣寫道:同學們對外間不安的時局,現在已逐漸敏感起來。一部份師生之間,常把國內時事作為課餘閒話和討論的中心;校內的空氣已不像過去那樣和平恬靜,尤其是外省籍同學之間,他們都為自己家鄉正在發生的一切事情弄得情緒不安;校中平素活躍的及一些被認為好學的學生都參加了帶有政治色彩的活動;宣揚共產黨政策的印刷品,漸漸在校園中流傳開流;公開性質的學生刊物,也表現出鮮明的立場。一觸即發的態勢,終於在1949.3.21 一場意外事件下爆發開來。

955_.jpg

擦槍走火—-「單車事件」的引爆

1949.3.20 晚上9 點15 分左右,台大法學院一年級學生何景岳和師院博物系學生李元勳共乘一輛腳踏車,經大安橋附近被中山路(一說中正東路)派出所的謝延長警員看見,認為這兩名學生違反交通規則,於是取締並造成衝突。兩名學生被員警打好幾下,並被押送至警察局。

大約11 點10 分,其他聞訊趕來的師院和台大同學在第四分局門口抗議,並要求警察總局局長劉監烈出來道歉。由於劉一直未現身,所幸學生就將第四分局局長林修瑜、和前來調解的警察局督察長龔經笥兩人帶回台大宿舍的廣場(現今的金華國中),向其他同學報告事情始末。當時兩位被羈押的同學早已被釋放,反過頭來倒是謝姓員警被勒令收押。

3 月21 日早上8 點左右,兩校學生集合,選出台大王惠民等12 位和師院趙制陽等6 名合組主席團,前往市警局。沿途合唱「團結就是力量」,並不時高喊「警察無權打人」、「反對法西斯迫害」、「反對內戰,要和平」、「反對官僚作風」、「保障人身自由」及「吃公吃光」等口號。當事人李淑德在回憶起這件事時,這麼說:那時師院約略只有20多個女生,參加該遊行者大約有10餘人,女生都排在隊伍的最前面,校長謝東閔先生知道學生有此行動,便在大禮堂前廣播告誡學生,剛開始以國語發表,我們大多聽不懂,後來才使用台語說:「你們這些不怕死的學生,槍都架在那裡,說打就打啊!你們這些女孩子都不怕死,還站在最前面。」

11 點左右學生隊伍抵達市警局,由於人數相當的多,因此由主席團成員與劉局長交涉。因為學生要求必須在10 分鐘內立刻答覆,劉局長在「情勢比人強」的狀態下只好簽名,書面要求包含:一、嚴懲肇事人員;二、同學如有傷害,賠償醫藥費;三、警局局長登報道歉;四、請總局長向受害學生道歉;五、登報保證以後不發生類似事情。學生得到滿意答覆之後,於12 點10 分左右回到學校。這件事表面上看起來似乎已經得到解決,但暗地裡卻仍波濤洶湧。

3 月23 日《公論報》在「讀者的話」專欄,刊登了兩校學生以「國立台灣大學學生自治會聯合會」和「省立台灣師範學院學生自治會」名義,共同發表的〈為何李二同學被歐事敬告各界〉。隔天3 月24 日,《公論報》在「讀者的話」專欄,也有警員投書,反駁學生的公開聲明。當然,一件事情若只從自己的角度來看,那麼,別人就一定會是錯的嗎?在各說各話,又一昧指責對方的不是同時,雙方「認知差距」越來越大,「嫌隙」也越來越深,埋下往後四六事件的衝突。

020_1.jpg
山雨欲來風滿樓—-青年節的「營火晚會」

3 月29 日台北市大專和中學校學生聯合會宣佈成立「學生聯盟」,號召全省學生連結。並以「結束內戰,和平救國」、「爭取生存權」、「反飢餓,反迫害」等口號作為訴求,藉由「紀念黃花崗革命烈士」名義,當晚在台大法學院操場舉行一場慶祝青年節的營火晚會。

晚會主持人是台大學生葉城松,除台大、師院、台北市中等以上學校學生踴躍參加之外,台中農學院和台南工學院也有代表前來。根據事後兩位當事人回憶當天晚會情形,這樣描述:師院學生在學生自治會糾察部長莊輝彰的指導下,排成四行縱隊,女生領前,男生殿後,高唱著革命歌曲,走向會場,雄壯的氣勢贏得了同學的歡呼和鼓掌。

當天的營火晚會活動,以台大「麥浪歌詠隊」的歌舞表演為主,除了各種民歌之外,還演唱了〈你是燈塔〉、〈你是舵手〉及〈王大娘補缸〉……等大陸學生搞學運時常唱的歌曲。當天的晚會簡直成了公開的「解放區」了!當「麥浪」成員在台上唱〈王大娘補缸〉的時候,全場連「秧歌」都扭起了……。學生在這快樂的氣氛之下,殊不知國民黨因為大陸學運的經歷,老早結合黨政軍的力量,對於這些學運活躍份子進行嚴密監視。學生這一連串的舉動,更是震驚了高層當局,於是抓人變成只是遲早的事了。

17_1.jpg

天未亮—-警總下令圍捕滋事學生

3 月16 日應代理總統李宗仁電召,到南京述職的台灣省主席兼警備總師令陳誠於4 月初返台。當他知道知道台北學運的經過之後,氣得直跳腳,下令警總副司令彭孟緝負責,清查後準備抓人。4 月5 日傍晚周慎源、趙制陽接連被誘捕。周慎源在被誘捕後,三輪車行經台北公園旁(今公園路),台大青島西路宿舍附近時,看見很多台大學生在宿舍門口,便趁機跳車往宿舍方向跑去,並大喊:「救命呀!我是師院學生,台大同學救命呀!」雖然便衣警察曾對空鳴槍,但台大學生人數眾多,警察不敢貿然行動,於是周慎源便得救,隨後將經過告訴大家,並由台大學生護送他回師院宿舍。隨後台大與師院的學生全聚集在師院的大餐廳召開緊急會議,決定無限期罷課,且明天一早要上街遊行,示威抗議政府綁架學生的暴行。另一方面,台灣省警備總司令部兼省主席陳誠在得知學生的下一步之後,也立即代電給師範學院院長謝東閔,表明要逮捕師院六名學生。電文如下:

 迭據查報貴校學生:周慎源、鄭鴻溪、莊輝彰、方啟明、趙制陽、朱商彝等計六名首謀,張貼標語、散發傳單、煽惑人心、擾亂秩序、妨害治安,甚至搗毀公署,私擅居拘禁執行公務人員,肆行不法,殊屬居心叵測。該生等本(五)日晚,復又糾眾集議,希圖實施擴大擾亂。本部維護社會安全,保障多數純潔青年學生之學業起見,應即予以拘逮,依法偵訊。特電即請按明指交到案,以肅法紀。至於其他學生希善為撫慰安心照常上課,幸勿盲從附和致干法究為荷。

 當晚陳誠也找來了彭孟緝、傅斯年、謝東閔到家中來開會。嚴格來說,這場會議決定了整個四六事件的發展。但遺憾的是,這場會議並沒有被完整記錄下來,甚至多年之後,成為「一人一把號,各吹各的調」,與會者似乎都避重就輕帶過,呈現對自己最有利的一面說詞。如今四位當事人都已過世,這場會議內容真相也石沈大海。

 謝東閔在接受訪問時說:事件爆發前一天晚上,我和傅校長以及當時的警備司令,名字我也忘了。我們三個人開會,提出因應之道;警備司令部堅持要動用軍隊進入校園內抓人,我和傅校長主張學生的事可以慢慢勸,不要用軍隊;後來司令部仍堅持軍隊抓人,我就告訴他,那能不能槍裡頭不要填子彈。但彭孟緝卻說謝東閔並沒有講:「不要用軍隊抓學生。」彭孟緝提到:「謝東閔向陳辭公(陳誠)鞠了一個躬,他說,師範學院的院長他不做。」傅斯年則是對彭孟緝講:「我有一個請求,你今天晚上驅離學生時,不能流血,若有學生流血,我要跟你拼命!」彭孟緝回答:「若有人流血,我便自殺。」又說:

 調來部隊,不拿槍,只拿繩子,士兵和警察把這些犯法的學生捉起來,差不多抓了五、六百名學生。事實上很多人在回憶起這件事時,都說部隊有拿槍,逮捕過程中也有學生遭到毆打。至於被逮捕學生的數目,從一百多人、二百多人、三百八十多人,到彭所說五、六百人都有,至今都未釐清。

 四個人在陳誠家開會的同時,軍隊也已經包圍師院男生宿舍,於是學生用桌椅將樓梯間堵住,說什麼也不把周慎源等人交出。其間謝東閔曾與學生面對面好言相勸,但不但得不到學生的依從,還遭到學生的批判。朱商彝回憶道:以鄭鴻溪為首的學生強烈質問謝東閔,對周慎源被秘密誘捕的事情作何感想?

 謝東閔被批得受不了,最後,他說了一句:「我謝東閔今天還不如一條狗!」然後狼狽不堪地和陪同的訓導人員離開。凌晨3、4 點,在彭孟緝與保安處處長林秀欒親自督鎮指揮之下,攻陷男生宿舍,將學生押到軍用卡車上,載到陸軍第三部隊的營房(介石埔),整個逮捕行動就此告一段落。

06_1.jpg

整頓與搶救—-四六事件後雙方的行動

在逮捕行動過後,陳誠立即向社會各界發表〈整頓學風〉的聲明,官方報紙中央日報於4 月7 日刊出標題為〈政府決心整頓學風,拘捕首謀違法學生〉全文,說明將這幾位學生逮捕,乃因張貼破壞社會秩序之標語、散佈鼓動風潮之傳單、搗毀官署、私擅拘禁公務人員,為了保護大多數純潔學生,只好勒令逮捕。

台灣省政府也同時代電給師範學院,要求即日起(4.7)全校停課:

查近來師範學院少數不法學生,張貼破壞社會秩序之標語、散佈煽惑風潮之傳單,甚至搗毀官署、私擅拘禁公務人員,擾亂秩序、妨礙治安,殊堪痛恨。為整頓學風,保障大多數純潔青年學生學業起見,不得已將為首學生居送法辦。茲著令該校即日暫行停課,聽候整頓,所有學生一律重新登記再行定期復課。敕希該校轉知全體教職員暨各生家長,仰體政府整頓教育之居心,約束學生安分守法,不得再有越軌行動。除分電對合行電仰遵照辦理,具報為要。

至於社會各界果不其然,立刻響應陳誠的行動。中央日報連日刊載新聞,包括家長部份:〈家長協助整頓學風,昨集會討論將發表宣言〉(4.7)、〈家長會為整頓學風書告同學:各安本位努力學業勿受外界誘惑,勿以感情用事讀書以外心勿他求〉(4.8);台灣省各部會:〈台大師院學潮,參會發表談話〉(4.8)、〈省教育會:擁護整頓學風,發表告教育界同仁書〉(4.9);工會方面:〈限制入境•整頓學風:市各工會通電擁護,予奸徒單幫致命打擊,珍愛台灣教育光榮史〉(4.14);師院部份:〈師院昨日成立整頓學風委會:劉真任主委兼代院長,謝東閔辭兼院長獲准〉(4.8)、〈師院積極整頓學風:整委會昨開第一次會議,劉兼院長定十一日接事〉(4.10)。中央日報也立即刊登一則短評(類似今天的社論),名為〈法紀與治安〉(4.7),最後兩段文字如下:

不幸近來有少數學生,竟受到京滬等地帶來的囂張風氣之傳染,屢次鼓動學潮,進而擾亂治安,破壞法紀。這種情形,如果聽任其發展,台灣的安定,便將毀損無疑。為著全省人民的福利,省政當局遂以必要的措施,來抑制這種不良風氣。我們相信,全省人民對這種措施,一定能瞭解其不得已的動機,而加以支持的。
我們竭誠盼望,大部分的青年學生能夠以人民的希望為希望,以人民的要求為要求,不要隨風附和,為人利用,類此的事情,就一定不致再度發生。我們同時更盼望學生的家長們,如果發現子弟染有不良的習氣,應該盡力勸導,重建純樸的學風。 當時台灣三大報,除了中央日報為御用報紙的報導,公論報、台灣新生報也都採取官方說法,也就是將這些被逮捕的學生,定位為「不法份子」,所以政府的行動是合理的。

此時陳誠一方面要試探四六事件之後學校教師的觀感,一方面要藉由親民的作風來鞏固他的威權,於是4.9 中午於中山堂光復廳宴請台大全體教職員共170 餘人、4.11 中午在同樣地點宴請師院教職員共90 餘人,中央日報分別予以刊載:〈台大教授應陳主席宴,一致贊同整頓學風,陳主席明邀宴師院教授〉(4.10)、〈陳主席宴師院教授,說明整頓學風實非得已,希望迅速登記早日復課〉(4.12)。至此陳誠的地位確定沒有因為四六事件產生動搖,加上四六事件也在官方強力護航、媒體一面渲染、社會一面支持之下,逮捕行動成為合法且合理,因此捲入事件當中的學生被當成過街老鼠一樣,人人喊打。然而事實上當時仍舊有幾位挺身而出替學生講話的教師,趙制陽筆述說道:

教育系林本教授與體育系主任謝似顏教授在「整頓學風委員會」開會時,以同情學生的態度講了話,結果林本教授幾乎被調離師院至編審會,後來教育廳長陳雪屏、台大校長傅斯年都替他說了好話,才得以繼續留任。(林教授也曾分別教過劉真、謝東閔)至於對謝教授就不同了,遭解聘處分,剝奪了他的工作權。他的家庭立即陷於極度窮困狀態,子女失學,他終於潦倒悲憤而死。……在這樣情況之下,又有幾位「不怕死」的站出來替學生說句話呢?

在4 月6 日學生遭到逮捕之後,僅剩的師院和台大學生也開始展開營救行動。例如台大教師雖常照常上課,但學生採取休課行動以示抗議。由於遭到逮捕的學生非常多,所以調查單位將可疑份子,以及先前名單上的學生收押之外,其餘學生在4 月8 日即通知家長領回。當時所成立的「師範學院整頓學風委員會」(此組織到當年11 月15 日才結束)也通過「師範學院學生學籍重行登記辦法」,4 月16 日至25 日辦理申請登記手續。最後全校八百餘人,只有周慎源等36 名,因為逾期未重新登記、偽造證件、甄審不予合格三項理由被開除學籍,其餘同學皆復學,4 月29 日師院正式復課。四六事件至此似乎告一段落,但國民黨的組織才剛開始伸進校園,伺機而動。

學生的主體性意識

一般認為1949.3.21 單車雙載事件是四六事件的導火線,但若我們將格局拉遠一些,其實早先的「反飢餓」遊行就已經埋下導火線了。怎麼說呢?從反飢餓遊行、三二一單車事件後的示威抗議,演變到四六事件大規模的學潮,所牽涉到的學生相當的多,在這過程中也有非常多的學生參與。但是學生都是這麼單純且認同這些活動嗎?

這似乎要打個問號,因為在口述訪談所得到的資料顯示,似乎有一大部分的人都推測,其實很多活動都是共產黨學生在裡面鼓動,目的不外乎是訴求「反內戰、反飢餓」。政府當局其實也明察這點,China那邊還在內戰的同時,台灣這邊表面上雖然沒對學生怎樣,但檯面下已經變成國民黨在追捕共產黨學生了,而共產黨的學生也很精明老早就跑了。從一位接受口述訪談的當事人與訪談者的對話,得到這樣描述:

答:……反飢餓就不上課,那麼到街頭去遊行示威,其實這個都不是我們的本意,這是共產黨的學生策劃,我們這些傻傻的學生搖旗吶喊,走啊走,不要上課,能玩多好!
問:主要的是他們(共產黨學生)策動?
答:ㄟ!他叫你怎麼樣做,要怎麼樣。反正我們就傻傻的做。
問:這種學生居大多數是不是?我是說不知道參加目的的?
答:不知道的較多,大多都是去搖旗吶喊,湊熱鬧居多。

從這段話可知,當時並非所有學生都深處風暴之中,大部分學生可能藉由「聲援」、「抗爭」、「遊行」而達到其「好玩」、「湊熱鬧」、「不用上課」的目的。因此在台大四六事件小組所作的報告書裡頭,結論部份寫道:而從「三二一」腳踏車事件到四六事件,是台灣社會戒嚴前最後一次大規模的學生運動,也是學生主體與自主力量的具體展現。但另外一段敘述:四六事件作為一種學生運動的形式,雖然在實質效果上遭致挫敗,但在精神意義上,四六事件標舉著台灣大學生追求社會正義的具體實踐,而這正是台灣校園環境的珍貴歷史資產。

畢竟幾位身處暴風圈中的學生,如周慎源等,被認為常對政府提出批判的少數學生,「知道自己在做什麼」,有自己的主體意識,會去思考、批判,雖然明知付出的代價會非常的高,但至少不是被人家傻呼呼的拖著走。但是在那種威權統治,加上社會動盪、非常不安定的年代,少數幾個人的言行終究還是無法去撼動整個社會環境的。

在四六事件中,被抓的學生不分省籍、族群都有,顯見四六事件並非省籍、族群間仇恨所引發的衝突。當時學生接受共產主義思想,進而左傾、帶有社會主義精神的同時,這株火種立刻被熄滅。隨後進入戒嚴時期,也使得左翼思想在台灣的發展告吹。

本文主架構取自【林仁傑,2004,一段跨時代的故事:台灣學生運動史研究(1920-1994)。國立台灣師範大學教育研究所碩士論文。】但經版主修改成符合北頭埔的史觀與歷史關懷。 版主的blog由於有火燒島研究所內容,吸引很多白色恐怖受難者朋友的閱讀,不少人就與此事件受波及有關。

14 回應 針對 “典範轉移:師範學院四六事件60年”

  1. 黃同學 寫道:

    四六事件與銅像
    ■ 黃同學
    1949年3月20日晚間九點多,師院(今台灣師大)學生李元勳和台大學生何景岳共乘一輛腳踏車,被中山北路一派出所員警取締,發生爭執,二人被押往第四分局(現大安分局),用手銬銬於辦公桌腳,並遭毆打,恰有師院同學路過看見,回校通報,十一點,二百多位師院同學趕去救人,提出三條件:懲處員警、賠償醫藥費、登報道歉。

    3月21日上午十點,台大及師院加上台北市各中等以上學校及高中職學生(當時台北市只有台大、師院、台北工專三所大專院校)千餘人,上街頭遊行唱歌呼口號,包圍中山堂旁台北市警察局,要求劉局長公開向李、何二位同學道歉,並登報保證不再發生類似事件。局長口頭答應,但事後並未實行承諾。

    3月29日晚上七點多,兩校及中等以上學校學生千餘人集結在台大法商運動場(現林森南路與濟南路交叉口,台大法商學院學生宿舍)成立「學生聯盟」。燒營火呼口號唱歌,到11點散會。會中察覺有特務、警察及國民黨職業學生穿梭其間,蒐證監視。

    4月5日,台灣省主席兼台灣保安司令部總司令陳誠得到蔣介石的默許,自南京抵台,下令逮捕學生主謀份子,名單上台大有21人、師院7人。五日傍晚逮捕行動開始,師院學生自治會主席周慎源首先被抓,但周生由捕送車上跳脫逃走。二校宿舍在4月6日凌晨為軍隊所包圍,師院全面抵抗,軍隊攻堅後逮捕二百五十餘人,皆押進現在中正紀念堂舊址軍營裡審訊。二百餘人經數日審訊後由學校領回,其餘轉送保安司令部保安處刑訊,數目未詳,隨即有7人被槍殺。

    這就是「四六事件」。整個事件中,台大校長傅斯年力保學生,強硬的作風甚至跟警察嗆聲說,如果要抓學生就先抓他。而反觀師大,當時前後任的校長謝東閔和劉真,無力阻止警察抓人,造成兩校日後學術風氣的大相逕庭,甚至保守的校風至今仍存在於師大校園之中,從學生對校務改革的漠不關心,到學生會主席投票率約十%的超低投票率。至今,台大仍保留了傅鐘、傅園,紀念這位視學生如己出的校長。而師大則選擇填平了學校大門口前的噴水池,豎立起統治者威權象徵的蔣氏銅像。現實中地理距離相去不遠的兩校,校風、社會評價卻是漸行漸遠。

    至今,距離四六事件也隔了將近五十八個年頭,蔣氏銅像依舊矗立在師大校門口,一名如此踐踏師大的極權政府領導人,當年立了他的銅像,是專制時代氛圍使然,難以苛責。但是現在,台灣民主化之後,蔣氏銅像紛紛拆除或遷移,師大卻不為所動,實在令人費解。或許,恢復過去的噴水池造景,或豎立孔子的銅像,都比蔣氏銅像更為合適,也更符合師大的教育宗旨吧! (作者為台師大地理系學生)

  2. 黃佳平 寫道:

    四六事件的歷史教訓
    別讓師大校史只剩四個字
    黃佳平2011/04/05

    1949年四月六日凌晨,台灣警備總部以師院(今台師大前身)內有學生張貼標語傳單煽惑人心、擾亂秩序、搗亂公署等罪名,進入師院學生宿舍逮捕學生會長周慎源等六名首謀學生,後造成當天有兩百多名學生被捕。事件後,省政府下令師院「暫行停課,所有學生重新登記再行定期返校」。表面上是安定人心使同學能專心向學,實則藉此清除校園中較為關心社會的知識青年。一般認為在校史上有崇高地位的前校長劉真,也只能在之後的肅清行動中放縱國家機器進入校園抓人。接續著同年五月台灣宣布戒嚴,「四六事件」亦被稱為白色恐怖之濫觴。

    1995年,台師大人文學社與其他社團共同發起推動「四六事件調查」,可說是師大校史上首次有人對這段歷史進行回顧;1996年,師大、台大,與監察院分別成立調查小組,各自完成調查報告。然而,受害最深的師大,至今仍沒有認真地檢視這段歷史,在校園之中仍有絕大多數的學生不知師大史上曾經發生過如此悲劇,也無法想像長久以來被稱為保守的師大校園,曾經有學生如此熱情地關心社會甚至付諸行動。

    同樣是四六事件受害者,台大校史館至少有整面牆的空間寫著四六事件與台大哲學系等,對校園影響重大的事件。而師大的校史館卻只有在年表上寫著一句「四六事件」。圖書館中庭華麗地展示著簡吉與台灣農民共同主張共產主義武裝抗日的事蹟,卻從來沒有任何行政單位主動去紀念四六事件;此外,今年的校務會議通過決議,要將校門口的蔣介石銅像遷移。師大一直很清楚蔣介石銅像這樣一種威權的象徵,不應存在於學術自由的殿堂之中。然而,校方卻以近年來銅像常以不同風貌的裝置藝術呈現在眾人面前為由,宣稱其威權象徵已經消失。我們認為這種毫無反思即附加上各種流行、無關乎歷史的裝置藝術,對於我們理解師大的歷史、銅像歷史意義,毫無幫助。甚至,是掩蓋了過去威權統治下,國家機器恣意侵害人民權利的歷史教訓。

    近來許多庸俗論者認為,我們不能沈溺在歷史的傷痛之中,要放下過去迎向未來。然而,若我們連過去發生的歷史都無法認識乃至於理解,我們放下的很可能是歷史的教訓,使我們忘記了國家機器可以怎樣地以社會安定為名任意侵害人民權利。當我們逐漸認識到二二八事件、白色恐怖的歷史時,四六事件做為那段時期的開端,以及國民黨政府徹底監控校園的起點,是應該要比現在獲得更多的紀念與討論。
    (作者為台師大社教系畢業校友)

  3. 野馬 寫道:

    1949年3月21日上午,一群台大的學生,排成四列縱隊,唱著——
    「你是燈塔,照耀著黎明前的海洋,你是舵手,掌握著航行的方向,勇敢的...」
    走進公園路時,看到女子師範(現教育大學)的圍牆上,有白粉筆寫
    的「不自由,毋寧死」等字句,字的大小,一尺左右。

    這句話是,美國獨立戰爭時,派曲克‧亨利說的。
    Give Me Liberty or Give Me Death  1775/3/23   Patrick Henry
         
        
       

  4. 葉雪淳 寫道:

        
        
       
    内閣不信任決議案被否決了。原因は鳩山前首相の翻意。
    小沢元代表は欠席、そして不信任決議案に賛成すると言ってい
    た側近たちは松木議員以外全員が反対です。変瞼是否太快!

    昨日還自信満満的小沢一郎、結果是無梯可下。
    国会議員不過是如此。保身第一、管他的国民有什麼災害。
         
         
        
     

  5. 葉雪淳 寫道:

       
       
       
              ある海上保安官の「報国」

         海上保安官・一色正春認為「向外公開尖閣(釣魚台)撞船実況的Video」
         是一個日本人為日本該做的事

    ■1.「こんなことが許されていいのだろうか」

     平成22(2010)年9月24日夕刻、尖閣諸島沖で海上保安部の巡視船に体当たりをした中

    国漁船の船長が釈放されるらしい、という噂が流れたので、一色正春・海上保安官は巡視

    船内で唯一、テレビを見ることができる食堂へ急いだ。すでに皆が集まり、固唾(かたず)

    を呑んでテレビ画面を見つめていた。

     ニュースが始まると同時に、テレビ画面に「中国人船長を釈放」のテロップが流れた。

    その瞬間に一斉にどよめきが起こり、次々に「なぜだ」という声が湧き上がった。一色氏

    は、その時、我が耳を疑うとともに、夢ではないかと一瞬思った。

     こんなことが許されていいのだろうか。処分保留で釈放とは聞こえはいいが、事実上は

    「無罪放免」ではないか。日本は法治国家だと信じ、危険を顧みずに、法令の遵守を図っ

    てきた自分たちの仕事は何だったのだろう。

     画面が変わり、釈放の理由を苦しそうに述べる那覇地検の次席検事が映った。「我が国

    国民への影響と今後の日中関係を考慮すると、これ以上、身柄の拘束を継続して捜査を続

    けることは相当でないと判断した」とのコメントを述べた。

     検察が「日中関係を考慮」などという判断を下すはずがない。明らかに誰かに言わされ

    ているのだ、検察もつらいのだと、一色氏は感じた。と、同時に、これで済むわけがない

    、と思った。日本が引いたと見るや、次に中国側は謝罪と賠償を要求してくるであろう。

    ■2.中国人船長のVサイン

     衝突事件が起こった当日、尖閣諸島周辺には約150隻の中国漁船がおり、そのうちの

    約30隻が日本の領海に侵入していた。

     石垣島の漁師は尖閣諸島沖の海域に行くと、中国漁船とトラブルになり漁具のロープを

    勝手に切られることがよくある。その際に文句を言うと、相手の数に押し切られ、逆に暴

    行を加えられそうになる。

     だから日本の漁師は海上保安庁を頼りにせざるをえない。その海上保安庁の巡視船に対

    しても、わざとぶつけてきた中国漁船があったのだ。

     釈放の翌日、中国人船長はチャーター機で凱旋帰国し、タラップの上で行ったVサイン

    は多くの日本人の心を逆なでにした。

     出迎えた周りの人間は、中国人船長を英雄扱いにした。船長は「日本の(取り締まり)

    は怖くない」「また釣魚島に行き、漁を行う」とコメントした。中国漁船の領海侵入は、

    今後、ますます増えていくだろう。

     そして案の上、中国政府は日本政府に対して謝罪と賠償を求めてきた。「どこまで無法

    なのであろう」と一色氏は思った。

    ■3.中国が明確な意図を持って侵略を開始した可能性

     一色氏は、この衝突事件をふり返って、中国が明確な意図を持って侵略を開始した可能

    性があると考えるようになった。

     中国には周辺海域の諸島を実力で奪った前科がある。南シナ海の中ほどに浮かぶスプラ

    トリー(南沙)諸島は、中国、フィリピン、ベトナムなどが領有権を主張していたが、

    1987(昭和62)年年から翌年にかけて中国は一部の環礁を占拠し、さらにフィリピンから米

    軍が撤退した92年以降、侵出を加速させて、軍事基地化を進めた。[a]

     尖閣諸島付近に中国漁船が大量に来るようになったのは、2010年に入ってからだ。尖閣

    諸島付近の日本領海内での中国漁船に対する立ち入り検査の数は、2009年には0件だった

    が、2010年9月までで14件にも上る。

     立ち入り検査とは、領海に侵入して、海上保安庁の巡視船が領海外への退去を求め、そ

    れに従わない場合のみ行われる。したがって、領海に侵入してきた中国漁船はその数十倍

    いたはずである。中国政府の許可なしに、中国漁船がこれだけ急に領海侵入をし始めるこ

    とは考えられない。

    ■4.「ビデオを公開して真実を世界に知らしめねばならない」

     衝突現場のビデオは、海上保安庁の人間なら誰でも見られるようになっていた。一色氏

    はそれを見て、中国漁船が自己の意思で巡視船に体当たりしているのが分かった。

    __________
     普通は、誰でも急に自分の船が衝突したら驚くものであるが、彼らは衝突の前後に平然

    と作業しており、あらかじめ衝突することを知っていたように見える。それは不意をつか

    れた海上保安官の慌てぶりと比較するとよくわかる。[1,p50]
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     しかし、政府与党は10月7日にビデオを非公開にすることに決定したと報じられた。

    そして中国では10月16日以降、反日デモが発生するようになった。

     中国政府は「一部の群衆が、日本側の一連の誤った言行に義憤を示すことは理解できる

    」とまで述べた。中国政府の言う「日本側の誤った言行」とは、「巡視船が中国漁船に体

    当たりして船長を逮捕した」ということのようだ。

    __________
     しかし、この事件を自分勝手に作り替えて自国民に伝えたのは中国政府そのものである

     ビデオを非公開にしたまま、このような嘘を放置していいわけがない。

     ビデオを公開して真実を世界に知らしめねばならない。

     ビデオに映った真実が世界に公開されれば、中国政府の嘘が白日の下にさらされ、やは

    り日本が正しいと世界が認めるであろう。

     それなのに一向にビデオは公開されない。[1,p87]
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ビデオが公開されない現状に対して、一色氏は、「このままではいけない。正規のルー

    トで公開されないなら、どんな方法でも公開されなければいけない」、と考えるようにな

    った。

    ■5.「一人の日本人が日本のために、当たり前のことをやるだけ」
     海上保安庁には、取り締まり現場のビデオを公開するのは当然、という雰囲気があった

     たとえば、平成13(2001)年12月に我が国領海に不法侵入した北朝鮮工作船が、追跡さ

    れた海上保安庁巡視船を銃撃した挙げ句に、自爆自沈した事件では、扇千景国土交通相(

    当時)が、即坐に「映像を国民に広く見てもらうべきだ」と指示した。[b,c]

     その結果、北朝鮮側からの激しい攻撃が明らかになり、また「海保の攻撃で船が沈没し

    た」などと反日宣伝が広まるのを防いだ。

     それに対して、現在の政府が、ビデオを秘密扱いにする理由は、まるで納得のいかない

    ものだった。

    __________
     私には「国民が知れば国益を損なう」という理屈は、国民に対する不信感や愚民感の表

    れのような気がする。「国民は馬鹿なので事実を知らせても正しい判断ができないので、

    事実などとても知らせることなどできない」と言っているようなものである。自分たちを

    選んでくれた国民には正しい判断などできないと。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     一色氏は、このビデオが国家公務員が守らなければならない秘密ではない、と確信して

    いたが、反面、組織として秘密を指示された以上、それを破ることで組織内の多くの人々

    に迷惑をかけるだろうということを十分に自覚していた。この矛盾に悩む日々が続いた。

     しかし、憲法15条には、「すべての公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者

    ではない」と謳われている。やがて、一色氏の心の中に、組織の利益より国全体の利益を

    優先すべきではないか、という気持ちが固まっていった。

     ただ、組織の末端の一公務員が、何が国益か勝手に判断してよいのか、という疑問は最

    後まで残った。

    __________
     その疑問に対しては、このビデオを公開することが、もし公務員として許されないこと

    だとしても、私は公務員である前に一人の日本人でもあるのだから、公務員を辞めさえす

    ればいいのだと考えた。そうすれ単純に一人の日本人が日本のために、当たり前のことを

    やるだけなのである。[1,p104]
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ただ、こういう事で公務員を辞める事で、妻や子どもたちを犠牲にしてしまう事につい

    ても、非常に悩んだ。余計な苦労をかけることになるが、事実を話して許してもらうしか

    ない。許してくれなければ一生かかっても、それを償うだけだ、と考えた。

    ■6.「日本のすべての子供たちの将来のために」

     11月4日、久しぶりの休日で午前中は家でゆっくりしていたが、頭の中はビデオのこ

    とでいっぱいであった。

    __________
     ふと子供の顔を見ながら、「やはりこのままではいけない」「こいつらのためにも、一

    時的に苦労はかけるが大人ができることをやらねばならない」と思い、この日に実行する

    ことを決意した。

     自分の子供のためにだけではなく、日本のすべての子供たちの将来のために。[1,p123]
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     夕食後、一色氏は、三宮周辺の繁華街に行き、漫画喫茶を探して、そこのパソコンでY

    ouYubeに動画ファイルを投稿した。

     翌朝のテレビ画面では、どこの局も中国漁船が巡視船に体当たりする映像が流されてい

    た。一色氏は、インターネットの反応の早さに驚いた。

     しかし、その論調は「国家機密漏洩の犯人を捜せ」というもので、一色氏が本来望んだ

    尖閣自体に関する議論がされていないことに失望感を覚えるとともに、ここで迂闊(うか

    つ)に名乗り出ると、議論がますます変な方向に行ってしまうので、メディアが犯人捜し

    に飽きて、本来の問題に着目するまで時間を稼がなければならない、と思った。

     一色氏は普段通り、巡視船に出勤すると、船の中は、ビデオ流出の話題で持ちきりであ

    った。つとめて平静を装いながら勤務していたが、今後、起こることに皆を巻き込んでし

    まうこと、特に船長は監督責任を問われることが間違いないために、申し訳ない、という

    気持ちでいっぱいだった。

     夕食後、一色氏は奥さんに電話して、自分がやったと打ち明けた。奥さんは突然、泣き

    出したが、一色氏が「国のため国民のためにやったのだ」と言うと、「私も日本に住んで

    いる人間の一人として、あなたに感謝し、そしてあなたの妻であることを誇りに思う」と

    まで言ってくれた。

    ■7.「私がやりました」

     10月10日には、YouYubeの投稿元が、神戸の漫画喫茶であることが判明して

    いた。一色氏は捜査が周辺に及んできたと覚悟し、身の回りを整理した。

     午前9時前に航海当直が終わり、事務室に行くと、船長が遠回しに聞いてきたので、疑

    われていることを悟った。船長が最後に、「お前どうなんだ」と聞くと、尊敬している船

    長に嘘をつくという選択肢はなかったので、「私がやりました」と答えた。

     船長は自首を勧めたが、一色氏は「自首というのは犯罪を行ったものがやることで、私

    は罪を犯していないので、自首はしません」と答えた。

     船長ははらわたが煮えくりかえるほど怒っていただろうが、そんな事はおくびにも出さ

    ず、文句の一つも言わずに、事件の処理にとりかかった。一色氏は、船長に話をした後で

    、甲板に出て、明石海峡の景色を見ながら、もうここへ来ることはないだろう、と思った

     その後、一色氏は国家公務員法(守秘義務)違反容疑で書類送検されたが、検察では「

    秘密性は高くない」との意見が大勢を占め、起訴猶予処分とされた。そして、いざとなれ

    ば「公務員を辞める」という自らの覚悟通りに、海上保安庁を依願退職をした。

    ■8.民主党政権の犯罪的行為に対する「内部告発」

     一色氏が職を犠牲にしてまで、ビデオを公開した結果はどうであったか。中国政府は、

    ビデオ流出前には、日本政府に謝罪と賠償を求める、と居丈高だったが、流出後は急にそ

    の威勢を失った。ビデオを見れば、中国漁船がぶつかってきたのは明らかなのだから、さ

    すがの中国政府もこれ以上のごり押しはできないと悟ったのであろう。

    「国民が知れば国益を損なう」という政府の言い分はどうなったのか? ビデオ流出で国

    民が事実を知ったことで、どのような国益が損なわれたのか? 日本国民が尖閣諸島に関

    する問題意識を高めることによって損なわれたのは、中国の国益であろう。

     一色氏の行為を、石原慎太郎・東京都知事は「内部告発」と称揚した。企業や役所が、

    組織ぐるみで犯罪を犯している時に、それを内部から外部に告発する行為が「内部告発」

    であり、組織の正常化のために有効な手段である。

     民主党政権がビデオを秘密扱いしたのは、まさに日本の国益を犠牲にしても、中国との

    外交問題を丸く収めて、自らの政権維持を図ろうという私利私欲のためであろう。ビデオ

    流出は、政府の犯罪的行為を告発したのである。

     自らの職業人生を犠牲にしても、国のため国民のためにビデオを流出させた一色氏の行

    為に、多くの国民が応援や感謝の手紙、FAXを送った。

    (文責:伊勢雅臣)
            
         
        
        

  6. 李同學 寫道:

    您好,我是台大意識報社的社員,敝社下期刊物的主題將會是戒嚴時期的學生運動
    其中關於四六事件的文章缺乏一些圖片潤色
    請問您可以讓我們使用那張學生拿著反飢餓反內戰大遊行布條的圖片嗎?

  7. 北投埔 寫道:

    可以!!

  8. 簡同學 寫道:

    你好,我是台大的學生,因為我們的報告是與四六事件有所相關,所以想借用您的圖片http://pylin.kaishao.idv.tw/wp-content/uploads/2011/06/933_1.jpg
    來為報告畫龍點睛,不知是否可以使用?萬分感謝!!!

  9. 北投埔 寫道:

    同意使用在你們的報告

  10. 劉同學 寫道:

    您好,我們是台灣師範大學的學生,我們在上現代民主政治這堂課,我們分配到的報告主題為四六事件,希望版主能夠讓我們在事件過程的部份引用您的部分文字和圖片,我們會註明出處的,謝謝。

  11. 北投埔 寫道:

    同意使用在你們的報告上

  12. scl 寫道:

    黑名單中學生雖逃亡數年免遭毒手,但一輩子列管,長痛更甚於一死。

  13. 同悲者 寫道:

    請問:當時省師院為解救學生.而被解聘教授:”謝似顏.會同林本.王德昭.黃肅秋等多位教授搶救學生,被當局解聘”.其中是否包含易价教授.有關趙制陽先生.後來在”明新工專”任教至退休.

  14. 北投埔 寫道:

    >>>其中是否包含易价教授.

    我不知道, 但你可以問師大校史館

留下回應

留言內含太多URL、廣告常見字,可能被系統視為廣告而扣住不顯示,請待版主解除。或寫私信給板主

本Blog其他隨機文章(五篇)

  • 懷念高金煌前輩
  • 高雄中學戰後首任校長林景元寫真帖
  • 1945年以前的大甲溪發電計畫殘跡(20150911~0912)田野調查
  • 日本における台灣史研究の100年――「学知」と台灣社会の「相互作用」の観点から史的概観一
  • 川上浩二郎基隆築港所長と松本虎太台電社長