川上浩二郎基隆築港所長と松本虎太台電社長

本文發表於 2014 年 02 月 11 日 14:36

kawa01

基隆港築港不是我的守備範圍,但基隆港築港使用火山灰之試驗,卻是吸引人的技術史課題,在追火山灰混凝土時,看到基隆港築港局所長川上浩二郎與松本虎太,2月16日這兩人的孫子川上昌名さま,要來台灣追尋他阿公的足跡。

 

kiluung01

台灣基隆田寮港街道絹川寫真館的川上浩二郎

  而非常諷刺的「基隆港西岸珍貴的碼頭倉庫」卻面臨被拆除的命運,我不知道如何去導覽這景色。http://www.libertytimes.com.tw/2014/new/feb/11/today-o1.htm

 

這幾年,其實已經在blog上寫下與「川上浩二郎與松本虎太」有關的文章,本頁專門將川上昌名さま寄給我的史料貼出。

川上浩二郎博士論文摘要,他的博士論文問過東京大學回答在關東大地震時燒失。請敲擊進入閱讀,以下同

合同会雑誌四十六号明治四十三年七月刊

渡台の回顧   川上浩二郎

合同会雑誌八十号昭和八年七月十五日刊

栃尾鄉誌、日本人名大辞典、栃尾市史別卷の川上浩二郎(昭和十二年)

親友  工學博士  川上浩二郎君を憶う    東大教授早田文藏

《とちお と 人物》   1981年5月10日發行

<築港技術の権威者  台湾基隆港を築港>

工學博士  川上浩二郎   佐藤松太郎寫,請敲擊進入閱讀  ,以下同

工學博士  川上浩二郎  市文化財審議委員長 佐藤松太郎寫

四國新聞   昭和63329

忙中閒談  川上敏子さん   請敲擊進入閱讀

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 以下貼松本虎太社長的歷史寫真:

matsu0231

英姿煥發的松本虎太。是松本虎太的穿官服寫真。

  matsu0451

松本虎太夫婦寫真。

 matsu0671

松本虎太全家寫真。坐者穿白色衣服是松本虎太本人。

kinen 01

 

1937年 基隆松本紀念館。從寫真看,是松本虎太夫婦與松本壽像在旭ケ丘松本記念館所攝寫真。旭ケ丘、眞砂町派出所我曾經去找,但已不知在何處,但在這裡可以俯瞰整個基隆港。(有關松本紀念館之新聞報導共有17筆,詳下回應) 今年有林俊昇兄的使用空照圖協助,發現竟然與版主找的同地。

 

matsu01

老年時代的松本虎太。

 交通局道路港湾課長  松本虎太  請敲擊進入閱讀  ,以下同

˙四國綾南町のどなた書いたものです。

 

延伸閱讀:

1. 北投埔林炳炎»川上浩二郎(1873.6.8-1933.3.29)と基隆港築港 http://pylin.kaishao.idv.tw/?p=2858

2. 北投埔林炳炎»基隆築港殉職記念碑與築港局長官舍歷史建築

   http://pylin.kaishao.idv.tw/?p=1678

3. 20070113神戶大學STS報告簡報(Power Point 格式) http://pylin.kaishao.idv.tw/wp-content/uploads/2008/03/20070114.ppt

‎ 4. 北投埔林炳炎»人插花你插草 http://pylin.kaishao.idv.tw/?p=83

5. 北投埔林炳炎» 紅毛土技術史在台灣   http://pylin.kaishao.idv.tw/?p=6‎

6. 北投埔林炳炎» 台湾電力株式會社社長宿舍   http://pylin.kaishao.idv.tw/?p=1659

7. 北投埔林炳炎» 即將被變賣拆除的台灣電力木構造歷史建築http://pylin.kaishao.idv.tw/?p=4054

8.  20070113神戶大學STS報告完整版(Word格式)   http://pylin.kaishao.idv.tw/wp-content/uploads/2008/03/20070113.doc

13 回應 針對 “川上浩二郎基隆築港所長と松本虎太台電社長”

  1. jack 寫道:

    延伸閱讀 下方的網址連結錯誤
    (例如 川上浩二郎(1873.6.8-1933.3.29)と基隆港築港 的網路連結為
    http://pylin.kaishao.idv.tw/pylin.kaishao.idv.tw/?p=2858
    正確連結應該是 http://pylin.kaishao.idv.tw/?p=2858 )

    【版主註】連結有重新再貼,謝謝指正。

  2. 松本記念館 寫道:

    松本記念館之新聞檢索

    1. 題名:松本記念館 基隆に建設 松本虎太氏の業績を記念
    關鍵詞:桑原市尹、近江時五郎、松本虎太
    出版日期:1935-06-13

    2. 題名:基隆大船渠 建設促進 提案實業大會
    關鍵詞:宜蘭、金山、松本記念館
    出版日期:1935-09-22

    3. 題名:基隆/評議員會
    關鍵詞:松本記念館
    出版日期:1935-09-29

    4. 題名:松本記念館は 旭ケ丘に建つ 貴賓の休泊所に充つ
    關鍵詞:基隆港、眞砂町派出所
    出版日期:1935-12-10

    5. 題名:基隆築港功勞者 松本記念館之建設 工事費按二萬五千圓
    關鍵詞:松本虎太、桑原市尹、真砂町
    出版日期:1936-01-11

    6. 題名:公益社評議員會
    關鍵詞:宜蘭、金山溫泉、木村久太郎、松本記念館、顏欽賢
    出版日期:1936-04-27

    7. 題名:松本記念館の 地鎭祭 きのふ執行さる
    關鍵詞:旭ケ丘
    出版日期:1936-07-25

    8. 題名:松本記念館の壽像到著
    關鍵詞:基隆、松本虎太、■島臺崙
    出版日期:1936-09-01

    9. 題名:松本記念館の關係者打合會
    出版日期:1937-01-19

    10. 題名:基隆/松本記念館
    出版日期:1937-02-10

    11. 題名:基隆公益社の理事會 けふ同社樓上て
    關鍵詞:松本記念館
    出版日期:1937-04-21

    12. 題名:基隆時市會 市バス豫算案を決定
    關鍵詞:川添巿尹、州地方課黑田■、松本紀念館
    出版日期:1937-04-29

    13. 題名:海洋少年團 查閱豫行演習
    關鍵詞:藤田知事、佐佐木警務部長、台北、松本紀念館
    出版日期:1937-06-30

    14. 題名:彭佳嶼燈台職員に慰問品を託送 基隆專賣品賣捌人から
    關鍵詞:藤田台北州知事、旭ケ丘松本記念館、双葉丸、野口出張所長
    出版日期:1937-07-08

    15. 題名:基隆
    關鍵詞:西村小治郎、井本定祐、井本定祐、基隆炭、廣東丸、松本紀念館
    出版日期:1937-07-17

    16. 題名:基隆臨時巿會 きのふ追加豫算を審議
    關鍵詞:顏國年、豬股、邱、松本記念館、蔡星■
    出版日期:1937-07-21

    17. 題名:內地の溫泉で療養 瀨谷中將臺灣にお別れ
    關鍵詞:松本記念館
    出版日期:(昭和15)1940-08-02

  3. 最後の社長松本虎太氏  (1879-1959) 寫道:

    最後の社長松本虎太氏  (1879-1959)

    松本武次郎は、1879年10月に香川県香川郡で産声をあげた高橋傳之氏の次男を養子として迎え入れた。この子が松本虎太である。彼は幼少時代より聡明で、将来の大成を期待されていた。その後才能とともに成長し、見事に勉学の道に進んで、京都帝国大学工科大学部に入学。研究の研鑚と苦節を重ね、1906年3月優等の成績で卒業した。 

    同年4月台湾に渡り、臨時基隆築港局技手としての辞令を受け、基隆港建設工事の設計監督に従事した。彼はここで、長年の研究成果と卓越した技能を発揮して、すばらしい手腕を示し、1908年10月臨時台湾総督府工事部技師に新任された。以来20数年間、松本虎太は基隆港を東洋に名高い商港とすべき大任を一身に負い、努力を貫徹して、その使命を果し、総督府交通局道路港湾課長に昇進して、基隆築港出張所長兼任となった。またその頃、彼は歐米各国を視察して識見を広めたことから、彼を台湾交通開拓の最高功労者と言うのも誇張の言葉ではない。松本虎太は、性格温厚磊落、極めて円満な人格者としてとくに名高かった。

    台湾総督府の書類綴内における松本虎太関連の任官辞令と、彼の台湾の生涯を明記する。

    1908年7月、建築技手松本虎太 「工事部技師ニ任用ノ件」、基隆出張所所長代理、 市区計画委員会委員、河川調査委員会委員、高等海員審判所審判官、国立公園調査会委員、震災地復興委員会委員、都市計画法施行準備委員会委員、台湾国立公園委員会委員、東部開発調査委員会委員、台湾防衛委員会委員、台湾資源調査委員会臨時委員、山地開発調査委員会委員、台湾都市計画委員会委員、台湾神社臨時造営事務局参与、台湾物価委員会幹事、国家総動員業務委員会委員、需給調整専門委員会専門委員、台湾中央物価委員会幹事。

    1941年10月退官し、台湾電力に入社、1945年3月台湾電力株式会社社長。

    もし、後藤新平が台湾の近代化を企画するために生まれたと言うことができるなら、八田与一は台湾の嘉南大圳(烏山頭ダム)あるいは水利のために生まれ、また、新渡戸稲造は台湾の農業のために生まれたと言えるだろう。そして、松本虎太はなにより、基隆港の建設のために生まれたと言える。

    1924年   台湾総督府交通局技師、基隆築港出張所所長兼
    1932年7月 基隆市滞在26年、道路港湾課長に昇進
    1935年4月 新旧基隆築港所の所長交替
    1936年1月 基隆港建設功労者松本虎太記念館の建築
    1936年7月 台湾技術協会会長
    1937年4月 松本虎太記念館の贈呈式
    1941年 本人の希望により退官し、民営の台湾電力株式会社顧問に就任
    1942年 台湾電力株式会社理事、兼建設局局長、兼建設局技術部部長

    増田氏はその自伝記のなかで、松本副社長推薦について記述している。松本虎太は、1942年3月7日に台湾電力株式会社の理事に就任し、次の年の7月22日に副社長となり、1945年1月23日に社長となった。

    1945年3月13日にアメリカ空軍の空襲により、日月潭水力発電所と発電所外部の変圧設備が破壊された。さらに、台湾の東部、北部、恆春などの発電所もアメリカ空軍の空襲で破壊され、4月3日と7日には嘉義、新竹、基隆支社がアメリカ空軍に攻撃された。もっとも悲惨な出来事は、5月30日に本社社屋が破壊したことである。その後8月15日、昭和天皇の玉音放送で無条件降伏が伝えられた。

    松本は台湾電力株式会社の在職中に大南発電所を完成し、台湾の東部と西部結ぶ送電配線工事を停止するとともに、台湾電力株式会社を台湾電力公司に移行させる任務を実行した。

    永岡芳輔氏が《親愛なる台湾》のなかで述べているように、松本の出身地は香川県の綾歌で、京都大学の谷本富博士の弟子であり、卒業後台湾の基隆築港所に就職した。谷本富博士は、松本より先に台湾に行った経験がある。松本は一年半弱イギリスやアメリカへ留学して、「耐海水性コンクリート」について研究し、この研究が基隆港の建築工事に役立つこととなった。また、《基隆築港誌》に火山灰コンクリートについての詳細記事も掲載している。服部氏が《台電論》のなかで述べたように、「彼は元台湾総督府敕任技師、その後台電建設局局長兼技術部部長に就任し」、台湾の下級公務員から社長に昇りつめためずらしい例であった。

    猪山渡在氏は《留用報告書》のなかで、「松本元社長と部下422名留用」と述べているが、これは言い換えれば1946年4月30日、在台の日本人がみな本国に戻ったのち、松本虎太と部下422人は台湾に残ったということである。彼らはこのとき、十字架を背中に負う松本とともに、アメリカ空軍による空襲にあった電力設備の修復を継続させた。「現在大半の台湾の滞在日本人留用者はすでに勤務を解除し、本国に帰国させた。継続的に台湾に滞在する留用者は下村(秀一)元理事と部下83名」松本は、1947年3月に本国に引揚げた。

    台湾電力株式会社に入社したとき、松本はすでに62歳になっていた。永井尚俊氏は以下のように述べている。「彼の名前を見たとき、厳しい親父の感覚を感じたが、実は、彼は溫厚の総督府長官、建設局長の肩書で入社した。1943年3月霧社建設所太田所長部下の加藤珠三郎氏を亡くしたので、松本氏は私に加藤のポストの続く辞令を発行した。あの時私の家族の中には不治の病の方がいました、又幼子がいまして、非常に苦痛の立場を味わいました。一度は辞令を受け入れませんでした。しかし、松本氏は言った:『永井君、行けなければ、私は以前君と同じ情況があって、気持ちが落ちました。今戦争は激しい、時勢政局も混乱、国家と会社の為に君にお願いしたいのです。』松本副社長の頭が下げた、眼が潤いっていました。その瞬間、私は霧社建設所に行くこと決めました。」

  4. 2014年2月16日歷史見學之旅1 寫道:

    08_n.jpg

    2014年2月16日貴賓川上明昌さん與我們7人,一起做歷史見學之旅,前往尋找川上浩二郎基隆築港所長、松本虎太台電社長之足跡,以下從最開始之台灣電力株式會社本社辦公室開始(1945年5月31日總督府後台灣電力株式會社被美軍炸毀,前一天疎開來此。)報導川上さん之寫真。Ming-Ta Hsiehさん拍攝。

    台灣電力株式會社本社辦公室前大合照。(施工中)

  5. 2014年2月16日歷史見學之旅2 寫道:

    173_n.jpg

    台灣電力株式會社社長宿舍前大合照。陳皇志さん拍攝。

    72_n.jpg

    室內餐廳桌上看1937年台電供電大地圖,上面紅色燈泡有台灣電力株式會社LOG。Ming-Ta Hsiehさん拍攝。

  6. 2014年2月16日歷史見學之旅3 寫道:

    48_n.jpg

    松本虎太社長除住台灣電力社長宿舍外,在他當港灣道路課長時住兒玉町三ノ五松本虎太當臺灣電力(株)副社長或理事住龍安坡四六二。兒玉町三ノ五就是台灣軍司令官邸的對面(南昌街與福州街角),這2地方都沒有殘跡,但龍安坡四六二隔壁就是青田七六,我們就請他看青田七六。Ming-Ta Hsiehさん拍攝。

    172_n.jpg

  7. 謝明達 寫道:

    阿伯,社長宿舍前大合照應該是皇志拍的,其它才是我拍的。

    【版主註】謝謝,知!

  8. 川上浩二郎略歷 寫道:

    7647_n.jpg

    台灣人物誌電子資料檔案上有「川上浩二郎」,如下:

    姓 名: 川上浩二郎
    經 歷:臨時台灣總督府工事部技師、基隆出張所長、工學博士、農商務省技師、台灣總督府技師、臨時台灣總督府基隆築港局技師兼台灣總督府技師、臨時台灣總督府工事部技師兼總督府技師、總督府土木部技師、勳六等、瑞寶章
    學 歷:東京帝國大學工科大學土木科、工學士
    本 籍:新瀉縣古志郡前東谷村
    生 日:明治6年6月

    /843_n.jpg

    川上浩二郎略歷:1873.6.8生於新瀉縣古志郡東谷村。1895.7第一高等學校卒業,1898.7東京帝國大學工科大學土木工學科卒業,同月任農商務技手,1899.7任台灣總督府技師,1900.8臨時台灣基隆築港局技師,兼台灣總督府技師。
    1901-12-26築港局技師川上浩二郎英領印度蘭領爪哇及歐米各國ヘ派遣、遊學,1903.12歸國。
    1908.7臨時台灣總督府工事部技師,兼總督府技師。
    1909.10臨時台灣總督府工事部基隆出張所長專任。1912得工學博士。
    1916年3月20日出版《基隆築港誌》,表示基隆築港第一期及第二期工事完成。 1916年10月2日依願退官後,任博多灣築港株式會社專務取締役。離台。

  9. 松本虎太略歷 寫道:

    1797425_3960902877305_122057163_n.jpg

    台灣人物誌電子資料檔案上有「松本虎太」,如下:

    松本虎太有4條,加以整理如下:
    姓 名:松本虎太
    經 歷:正四位、勳三等、道路港灣課長、一等、臨時台灣基隆築港局技手、臨時台灣工事部技師、基隆築港所長、總督府交通局技師、基隆築港出張所長、台灣神社臨時造營事務局參與、高等海員審判所審判官、山地開發調查會委員、台灣電力理事、副社長、社長
    學 歷:第五高等學校、京都帝大土木工學科、歐米留學
    本 籍:香川縣
    住 址:台北市兒玉町三官舍 電二一〇九(道路港灣課長時期1932年7月~1941年10月)、龍安坡四六二 電六六六二(台灣電力理事、副社長時期1941年10月~1945年1月)、台電社長宿舍
    生 日:明治12年10月17日

    342_n.jpg

    松本虎太略歷:香川縣人,京都帝國大學土木科畢業,1906年起歷任基隆築港局技手、總督府工事部技師、基隆出張所所長代理、 市区計画委員会委員、河川調査委員会委員、高等海員審判所審判官、国立公園調査会委員、震災地復興委員会委員、都市計画法施行準備委員会委員、台湾国立公園委員会委員、東部開発調査委員会委員、台湾防衛委員会委員、台湾資源調査委員会臨時委員、山地開発調査委員会委員、台湾都市計画委員会委員、台湾神社臨時造営事務局参与、台湾物価委員会幹事、国家総動員業務委員会委員、需給調整専門委員会専門委員、台湾中央物価委員会幹事。1917年3月17日至英美兩國留學留有論文、基隆築港所所長、「台灣技術協會」首任會長、「土木學會台灣支部」支部長、1932年7月 基隆市滞在26年、道路港湾課長昇進。1941年10月退官、台湾電力入社理事兼土木部長、副社長、1945年1月23日台湾電力株式会社社長等職。戰後初期被留用任台電顧問,1947年3月引揚。

  10. Southwind 寫道:

    每次看到各位鍥而不捨地追尋台灣史蹟,總是感動!

  11. yy 寫道:

    戰後初期被留用任台電顧問,1947年3月引揚。>長達一年又五個月,相信對台電在被美軍轟炸後復原供電有極大貢獻。

  12. idee 寫道:

    請問知道松本紀念館在基隆的位置大概是在那嗎?

  13. 北投埔 寫道:

    旭丘山
    今年6月底附近我們會去

留下回應

留言內含太多URL、廣告常見字,可能被系統視為廣告而扣住不顯示,請待版主解除。或寫私信給板主

本Blog其他隨機文章(五篇)

  • 松木幹一郎台灣電力社長重塑胸像安裝
  • 台灣的國家安全是最重要的台灣論述
  • 美國人在台灣的足跡巡迴展@ 台中市市役所(9/7~10/18)
  • 台北黑鮪祭—蘇嘉全網聚
  • 小樽港百年耐久性試驗